【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,782日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【小麦は今すぐ、やめなさい! 】フオーブス弥生著
〜小麦を置きかえるだけでからだが若返る〜

※ 免疫力を高める究極の食事法
※ あなたの不調は小麦が原因かも・・・?
※ 慢性疲労、頭痛、不眠症、吐き気、腹痛、不安や慢性ストレス、物忘れ、老化・・・

■ はじめに〜グルテンフリーは今や健康法のひとつに!
※ 置きかえ食材には困らない〜
※ 小麦食品を減らしていくという習慣が大事!

あなたはこんな症状に悩んでいませんか?

□ お腹にガスが溜まりやすく、膨満感がある
□ お酒を飲んだ後や食事をした後に下痢をしやすい
□ 過敏性腸内症候群と診断されたことがある
□ 食べ物を食べた後に、吐き気がしたり、嘔吐することがある

□ 同年齢の人に比べて、肌にハリや弾力がない方だ
□ 肌のシミやシワが増えた
□ 肌の黄ばみ、くすみが目立つ
□ 大人になってもニキビがある
□ 二の腕などの皮膚にブツブツした湿疹がある
□ アトピー性皮膚炎である
□ 同年齢の人に比べて白髪や抜け毛が多い
□ 同年齢の人に比べて、歯や骨が弱い

□ 疲れているのによく眠れない。熟睡できずに何度も起きてしまう
□ 朝起きても疲れが取れていないことがよくある
□ 思考力が低下し、頭に霧がかかったような感じになることがある
□ 最近、物忘れがひどい
□ 少し外出しただけでも疲れやすい
□ 不安を感じ、慢性ストレス状態である
□ 注意力が散漫で失敗しやすい
□ ひどい偏頭痛や頭痛があり、改善しない
□ うつ病と診断されたことがある

1章 【小麦の怖さに気づいてください】

18 体調不良
※ 小麦の症状は『遅延型』ですぐに出ない
※ 品質改良による小麦、これが不調をな招く犯人
※ 7割の免疫力は腸に集結する
※ 関節痛痛風が起こることもある

38 肌のトラブル
※ 小麦は老化を進ませる『糖化』と深い関係がある

48 慢性的な症状
※ グルテンフリには中毒性がある。だからパンがやめられない
※ 思考能力が落ち、まるで脳に霧かかったよう
※ グルテン摂取は認知症のリスクを高める

2章 【グルテンフリーメニューの置きかえ方】

62 パスタ・ピザ
72 うどん・そば
80 お好み焼き、餃子などの粉もの
88 パン・シリアル・パンケーキ
96 ケーキ・クッキーなどのお菓子
104 アルコールなどのお酒

3章 【グルテンフリーメニューの選び方】

112 外食(レストラン・居酒屋)で何を食べる。
128 中食(コンビニ・スーパー)で何を買うのか?
140 内食(手料理)の調味料・食材の揃え方は?

4章 【置きかえ食がくれた贈り物】
5章 【海外と日本のグルテンフリー事情】

188 海外編〜プロアスリートや元・アメリカ大統領も実践
202 日本編〜米粉の『ノングルテン』から表示スタート

■上記はフオーブス弥生さんが書かれた文章ですが、多くのお医者さんも言い始めている小麦の危険性を、早く知って、子ども達の食べ物から小麦食品を減らしてほしい

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,781日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【腸内フローラが身体と心を作っている!】
〜食べ物が腸内フローラを作っている〜

■一番最初に腸内細菌を頂くのは、産まれる時にお母さんから!

※子宮の中は無菌ですが、産まれる時に産道と産まれ出る瞬間に膣付近の菌が、赤ちゃんの最初の腸内細菌です!

※従って、お母さんが赤ちゃんを産む時に、【普通分娩】で産まないと、赤ちゃんの腸内細菌が違う腸内細菌になって、赤ちゃんの性格が変わります!

※コアラもパンダもカバも象さんも離乳食は、お母さんの糞便で、コアラもパンダも腸内細菌を作り、コアラは毒の強いユーカリを、パンダは笹を食べられるようになります!

■産まれる瞬間から、3歳頃までの食べ物が子どもの腸内細菌を作るので、『3歳頃までの食べ物で子どもの性格』まで決まります!

■子どもの性格まで影響している腸内細菌が性格まで影響しているが、腸内細菌を入れ替えることも可能です!

※毎日の食べ物・飲み物からの様々な雑菌が腸内細菌を作り変えるので、『食べ物で性格』が変わります!

■食べ物が、『腸内で一番先に腐敗する食べ物』が、動物性食品(卵・お肉・乳製品)ですから、動物性食品は今日から半分に減らしませんか?

※動物性食品が腸内で一番最初に腐敗するのは、動物性食品には食物繊維がゼロだからです!

※動物性食品は、日本人が数千年間食べたがないので、『消化・吸収・分解する酵素が足りない』ので、一番最初に腐敗する!

※牛や豚・鶏の『体温が39度から43度と高い』ので、私たちの体温は36度、油は固まりやすいのでは?

※動物性食品が大好きな人は、いつもウンチが臭くないですか?(食べ物が腸内で腐敗している証拠です)

※動物性食品が大好きな人は、キレやすい、怒りやすいのでは?

■従って、ウンチやガスが臭い人は、腸内細菌の悪玉菌が多い毎日だから『当然ですがガンや認知症』などの食源病になります!

※写真の2枚目4枚目は吉野敏明医師の資料です。

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,780日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【冷たい飲み物はガン・認知症の道!】
〜西洋医学・カロリー栄養学に殺される〜

冷たい飲み物をコップ一杯飲むと『胃腸の中は7度』冷える!

※まさか、氷の入っている冷たい飲み物を毎日飲んでいませんね!

※まさか、キンキンに冷えたビール・オンザロックを毎日飲んでいませんね!

※冷蔵庫の中に、麦茶、牛乳、ビール、ジュース、アイスクリーム等々が入っていませんネ

その冷たい飲み物は、炭酸入り飲み物ではありませね!

※炭酸飲料は、体内で酸素を奪うのでは?(酸素不足の時にガン細胞が増える!

炭酸入り冷たい飲み物に、白砂糖がタップリ入っていませんね!
※白砂糖はガン細胞を爆発的に増やさないですか?(糖質がガン細胞のエサでは!)

実は、ガン細胞を爆発的に増やす時の条件は……

※体温が35度台の低体温の時に爆発的に増えるガン細胞!

体温管理と体脂肪管理がガン予防です!

※ガン細胞が爆発的に増える時は、『酸素不足』の時!

・ストレスが加わると一気に酸素不足になる!
・緊張すると一気に酸素不足になる!
・炭酸は体内の酸素を奪う!
・水素水を飲み続けると体内の酸素を奪う!(一時的は可だが)

※ガン細胞が爆発的に増える時のエサは、白砂糖とアルコールなどの糖質です!

・アイスクリーム・ケーキ・お饅頭・コーラ・ジュース・スポーツドリンク・缶コーヒーを毎日飲んでいませんね!

・すべてのアルコールはガンのエサになって爆発的にガンが増える!

・アルコールの中で、比較的に日本人にあっているのは、日本酒と焼酎のお湯割りは大丈夫かも。

毎日の生活で【身体を冷やすことがガンや認知症の道】だったのです!

西洋医学・西洋栄養学では足りない物があるから、ガンや認知症が増え続けている事実!

足りない物は、ビタミン、ミネラル、食物繊維、活きた水、良質な塩、酸素、日光と酵素不足がガンや認知症の原因です!

寝る頃の体温が35,5度以上あればガンや認知症の予防になる

5月20日日曜日は千葉県市原市、6月16日土曜日は東京で山本敏幸セミナーが開催されます

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,779日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【山本式ファスティング(水分断食)のポイント!】保存用
〜酵素と水分だけの摂取(酵素たっぷり)らくらく断食〜

お勧めポイント………51日間の実践記録

❶新鮮な野菜や果物のジュースをたっぷり飲みながらの楽々断食です!

❷お腹が空いたらいつでも美味しいジュースを飲めるので、一切我慢する必要がありません!

❸珈琲・紅茶・具のない味噌汁・コーンスープ等、スープ類もOK!

❹身体に酵素がたっぷり行き渡り、消化・吸収に体内酵素が使われないので、修復・排泄が促される!

❺飲む水やあらゆる水分を飲む時は、必ず【心と体にしみる塩】を入れてミネラルを68種類以上摂取することがポイントです

❻理想の水は【ガイアの水135】で【活きた水・発酵を促す水】を空腹感を感じたら飲むことです!

❼ポイントは、空腹感を感じたら直ちに、活きた水や豆乳や野菜ジュース・果物ジュースをたっぷり飲み【我慢はしない】こと!

9年前に固形物は一切食べない山本式ファスティング(水分断食)を51日間実践した私です!

※現在と変わらず、一日15時間は動く生活でした!

※現在と変わらず、出張も多く、外食が殆どですから、出先で生野菜や生の果物ジュース売り場を見つけることが困難でした!

※生の果物ジュースとコンビニで売っている果物ジュースとの違いが、余りにも違うことがわかった!(市販の果物ジュースには、一切酵素がない)

山本式ファスティング(水分断食)を成功させる秘訣は【脳を満足】させることだった!

❶市販の野菜ジュース・果物ジュースと、自分で作った生野菜ジュースと生の果物ジュースとでは、体にもたらすエネルギーの変化がわかり、体の細胞のひとつ一つに喜びのエネルギーが伝わる感動を体験できます!

❷すべての食べ物、日頃の食べ物に対する感謝の念(思い)がより一層強くなった!(深くて強い感謝道の実践)

❸理想的な体型【筋肉を落とさない】、我慢しないで減量できて、理想的な体脂肪になった!

❹健全な心・健康な体には野菜や果物などの食べ物の持つエネルギーとは別に、心の持ち方が大きく影響していることを体験した!

51日間実践した山本式ファスティングのアドバイス……

❶野菜・果物は日本で採れる旬の野菜・果物を飲みましょう!

❷水・水分には必ずミネラルが68種類以上入っている【心と体にしみる塩】を入れて飲むことで、脳が満足するし、体内酵素や食物酵素が一気に動くファスティングです!

❸51日間の実践で、体重は4・5Kg減、体脂肪は4%減で17%と理想の体重・体脂肪が手に入った!

2年前に出会ったスリムエンザイムプラスは、過去数十種類の酵素サプリメントで、糖質分解実験(YouTube動画で確認してください)で、最速で糖質を分解したのでキッズが販売開始した凄い酵素サプリメントです

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,778日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【うつ病が僕のアイデンティティだった】山口岩男著
〜精神薬は、ただの一錠も飲むな!〜

※ 僕は2001年〜2013年間、精神安定剤、睡眠剤、抗うつ剤などの精神薬を服用していた!

※ 12年間で受診した医療機関は合計9件、服用した精神薬は、実に35種類を数えた!その中には、危険すぎて殆ど処方されなくなったブロバリン、イソミタール、覚せい剤に似た効能から乱用者が増えて問題になったリタリンも飲んだ!

※薬物依存に陥る可能性がある薬物には、【違法な薬物】と、法の目を掻い潜って取引される【合法ドラック】があるが、【第3の薬物】が存在する。それは製薬会社が作って販売している、医師が処方している【精神薬】がある!

※ 2008年頃には24時間アルコール依存症になり、ウイスキーと精神安定剤デパスの大量摂取で騒ぎを起こし、警察経由で精神病院のアルコール病棟に入院した!

※ 2013年4月、精神薬の断薬を専門とする内海聡先生の講話を聞いて、断薬を決意!

第1章 【最初の薬】

21 弟の死
25 診療内科との出会い
35 記憶障害が出始める
44 顔面麻痺
49 ここまでで感じた副作用のまとめ!
1 前夜の記憶がなくなる
2 約束を忘れる
3 いつも体がだるい
4 口が渇く
5 口内炎ができやすくなる
6 目が乾く
7 視力が落ちる
8 時々ふらつく
9 味の濃いものを好むようになる
10 甘いものを好むようになる
11 虫歯ができる
12 ヘルペスウイルスによる顔面神経麻痺

第2章 【薬とアルコールに溺れる日々】

70 衝撃的・攻撃的になるパキシル
76 ついに禁断のリタリンが処方された
102 自殺したくなる、パキシルの副作用

第3章 【アルコールからの離脱 薬へのさらなる依存】

148 2007年〜2012年頃に感じていた精神薬の副作用
158 精神安定剤・デパスへの依存
161 よだれが出る協力な精神安定剤・リスパダール

第4章 【薬との闘い】

207 遂に断薬へ
210 禁断症状〜アカシジアの恐怖

第5章 【依存心との闘い】
243 精神薬依存から抜け出すロジックとは?
260 新幹線思考法

278 服用した精神薬一覧 2001年〜2013年

■上記は山口岩男さんが体験したうつ病の薬が人生を狂わせた壮絶な人生が書かれていて、内海聡先生の講話を聴いて、断薬を決意!精神薬の薬は一錠でも飲むなと書かれています!

精神薬を飲んでいるえは、是非とも購入して読みましょう

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,777日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【ホルモンのバランスが狂って乳ガン・子宮ガンに!】

アメリカ産牛肉はヨーロッパでは輸入禁止ですが!

※アメリカ産牛肉には大量の成長ホルモンや成長促進剤や抗生物質や遺伝子組換えトウモロコシが与えられているから、ヨーロッパでは輸入禁止です!

ブラジル産鶏肉はアメリカでは輸入禁止ですが!

日本で飼育されている牛のエサは?

※遺伝子組換えトウモロコシを大量に食べさせていませんか?

※エサの中に大量の成長促進剤や成長ホルモン剤や抗生物質を与えていませんか?

牛の食べ物は昔から草だけ食べてきた事実!

※牛は穀物を食べてきたことがないので、穀物を食べさせると消化不良を起こすので、大量の抗生物質を与えていませんか?

※草しか食べない牛の寿命は20年、遺伝子組換えトウモロコシやホルモン剤や抗生物質を与えられた今の牛さんは寿命が5年!

※問題の一つは、遺伝子組換えトウモロコシが牛の血液に入って牛乳や牛肉となって日本人の体内で悪さをしているのでは?

成長促進剤などのホルモン剤が【牛乳や牛肉や豚肉や鶏肉を食べるたび】に大量に入ってくる女の子は、当然ですが、生理は昔は中学生、今は小学生でくる!

※当然ですが、ホルモン剤が大量に入ってくるので、ホルモンバランスが狂い乳ガン・子宮ガンや膠原病・バセドウ病や生理不順、酷い生理痛が爆発的に増え続けている事実!

動物性食品を半分に減らすことが乳ガン・子宮ガンの予防だと思いますが、更に更に乳ガン・子宮ガンを爆発的に増えているのは【輸入小麦】が大きな原因だと思います!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,776日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【ガンを治す時は、食事の道・感謝の道・実践の道だ!】

■私にガンが見つかった時に『ガンを治すため』にすることは……

①西洋医学で治す方法

②西洋医学代替医療で治す方法

③代替医療だけで治す方法(代替医療には様々な方法があります)

ガンを治すために、直ちに【実践してほしい】ことは…

①食事療法……食べ物が血液を作り、60兆個の細胞を作り、ガン細胞を正常細胞に修復する!

②運動療法……下半身に柔らかな筋肉を作り、『リンパの流れを良くすること』がガン細胞を正常細胞を修復する基本です!

③精神・心の安定が優先します……身体は心に支配されている事実を知ることです!

④体温アップが優先します……ガン患者さんは低体温なので、『一日99円健康法』で一気に体温アップしてガン細胞を正常細胞に修復する!

⑤体内の有害物質、農薬、薬、化学薬品、食品添加物などを、『解毒・排泄・排毒・デトックス』すること(リンパの詰まりを流す)……有害物質・老廃物をデトックスするには①〜④の実践です!

⑥生きた水・発酵を促す水・酵素を活性化する水・リンパの流れを良くする水を飲むこと(ガイアの水135の活用)……ガン細胞を正常細胞に修復するには、死んだ水・腐敗する水・塩素が世界一入っている水では難しい!

⑦生命の源である【酵素】が必要で、一日4回食べ物から大量の酵素を摂取しましょう!……朝は国産果物、昼は生野菜、晩ご飯の時は、酵素が生きている生味噌をティースプーン一杯と、納豆や長芋、寝る1時間前に豆乳甘酒を100cc飲んで、大量の酵素と大量のミネラルを摂取し、更にスリムエンザイムプラスを飲んでガン細胞を正常細胞に修復しましょう!

⑧酵素はミネラルがなければ動かないので、世界一ミネラルが多い【心と体にしみる塩】の活用です!

⑨一番大切なことは、精神・心の安定です!(許すこと・認めること・忘れること・受け入れることがガン細胞を正常細胞にする!)

【お天道様が見ている!
お天道様が聞いている!
お天道様が記憶している!】ことを100%信じ切ることです!

⑩毎朝、太陽が昇る10分前から太陽が昇ってからの10分間は、太陽に向かって【すべてに感謝すること!すべてにありがとうと感謝する】ことがガン細胞を正常細胞にする一番大切な精神・心です!

・目が覚めたことにありがとうございます!

・呼吸ができて酸素を頂けたことにありがとうございます!

・命を頂いたお父さんお母さんにありがとうございます!

・美味しい水を飲めたことにありがとうございます!

・食べ物を食べられることにありがとうございます!

・目がみえることにありがとうございます!

・歩けることにありがとうございます!

・目が覚めてから寝るまでのすべてに『感謝すること』しかないことがわかりますね!

※ガンにありがとうございます!

ガンは【生き方を変えなさい】という教えだった!

24時間、感謝します!ありがとうございます!と思い続けることがガンを治す原点です!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,775日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【ガン細胞は自分が作った自分の細胞です!】

すべての【血液は120日】ですべて生まれ変わります!

※すべての『内臓は10ヶ月間』で生まれ変わります!

※すべての『骨は1〜5年間』で生まれ変わります!

ガン細胞を正常細胞に変えるのが【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】です!

※食べ物➡︎血液➡︎60兆個の細胞➡︎心身を作っている事実!

※10年間で2000講演、毎日【ガン患者さんや心の病の人の個人相談を受けてきた!】

※ガン患者さんや心の病の人の個人相談を受けてわかった【球体健康法】を9年前に発表した!

細胞を作り治す時間は『夜の10時から朝の2時」です!

※ガン細胞を正常細胞に戻す時間は?

※夜の10時〜朝の2時では?

上記のように【ガン細胞を正常細胞に作り変える時間】が決まっている以上、晩ご飯に何を食べるのかが大変重要だとわかりますか?

※お昼ご飯は腹八分であれば何を食べても大丈夫です!

晩ご飯を和食中心にすることが【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】だとわかります!

※抗ガン剤治療や放射線治療の人は『副作用で髪の毛が抜ける』事実!

※抗ガン剤治療や放射線治療の人に【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】や【球体健康法】を実践して頂いた患者さんは『髪の毛が抜けない』で病院から帰ってくる!(抗ガン剤や放射線を解毒するから)

1ヶ月だけ止める食べ物・飲み物があるが、1ヶ月だけなのでガン患者さんは【実験・実行・実証・実践】してくれる人が多い!

ガンが見つかった患者さんには、1か月間だけは、徹底的に食事コントロールして頂きます!

晩ご飯の時に、生味噌をティースプーン一杯、本物の梅干一個、黒豆納豆でタップリ酵素を摂取する!

寝る1時間前に、豆乳甘酒、日本蜜蜂の蜂蜜をティースプーン一杯、花粉(ポーレン)ティースプーン一杯、豆乳甘酒100ccにミネラルが68種類入っている天日海塩を入れて食べる

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,774日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【腸のリンパを流せば、病気が逃げ出す】「大橋俊男医学博士
〜免疫力を劇的に高める〜

※ 40歳を過ぎると腸の老化がはじまる!

※ 免疫系の60〜70パーセントが集中する腸のリンパを流すことで、細菌、ウイルス、アレルギーから体を守って、健康に!

※ リンパの権威が最新の医学データをもとにやさしく教えます!

第1章 【リンパを流すと疲れがとれる】

12 むくみはリンパと関係している〜顔が浮腫んだら病気だ!

19 リンパ管にも収縮作用があることがわかった〜リンパ管は排水路、リンパ系には心臓のようなポンプがない!筋肉を動かしてリンパを流す!(山本は筋肉は良質な塩がなければ動けないと言い続けてきた!)

25 リンパ循環が細胞を快適にしている〜細胞の循環を整える役割がリンパ!

33 自律神経は素早く対応、ホルモンはゆっくり対応

第2章 【腸にもむくみが起きる とりあえず胃酸で何でも殺す】

42 脳がない生物でも腸があれば生きられる
47 とりあえず胃酸で何でも殺す
53 反芻動物(うしや山羊など)の胃や腸のリンパ菅はまるで心臓のよう
55 ゲップとオナラでわかる『食べすぎ』
59 なぜリンパ液は『白い血液』といわれるのか
62 腸が1キロもの腸内細菌を飼っている理由

64 下痢を止めると危険なことがある!〜下痢は体内の毒を出す作用だ!

67 大腸のむくみをとれば便通が良くなる

第3章 【ヒトは脳と腸から歳をとる】

74 40歳までに小腸の上皮細胞は3分の2に減る!
79 食物繊維をとる人は腸が元気

第4章 【病気が逃げ出すリンパの働き】

84 『リンパ球』が免疫の主役!
93 消防車のように酸素をかけて殺す白血球の『好中球』〜酸素不足がガンになる大きな要因!

101 リンパを流すとリンパ球がパトロールを始める

第5章 【腸のリンパが免疫力を上げる】

116 食物アレルギーをなくす『腸管寛容』とは?〜自己免疫疾患を予防する腸内細菌

122 腸の働きにはうつ病と関係している
135 特徴的な血液循環をしている肝臓
151 スキルス性胃がんとリンパの関係

第6章 「腸のリンパを流す生活】

154 『腸のリンパ』が主で『足のリンパ』は補助〜便秘予防が最優先です!

161 和食に含まれる植物性乳酸菌の効果

※ 乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があり、植物性乳酸菌は生きて腸まで届きやすい!

※ 植物性乳酸菌には、甘酒、漬け物、醤油、味噌、酢、納豆に多い!

163 腸内細菌が作るビタミン、酵素
177 『人生百年』時代の食生活・健康法へ!〜社会貢献などの生き甲斐が必要です!

180 規則正しい食事でリンパを流す
185 腹式呼吸でリンパ・マッサージをする〜腹式呼吸でリンパを流す!腹筋を鍛える筋トレやストレッチが必要!

188 食事のときに背筋を伸ばす

■上記は大橋俊男医学博士が書かれた文章ですが、【リンパの流れを良くして腸内環境を整えること】がガンや認知症を予防するので、腸の蠕動運動を促す生活習慣や、食べ物を和食中心にすること、腹式呼吸をして便通を良くすることの大切さがわかります

日頃か書き続けているが、リンパを流すためには良質な水とリンパの流れを良くするために筋肉を動かす良質な塩が絶対に必要です!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,773日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【生命の源『酵素』は『ミネラル』がなけれが動けない!】
〜ミネラル不足がガンや認知症の道!〜

生命の源【酵素】は…『分解・消化・吸収・代謝・解毒・修復・排泄他』生命をつなぐ全ての活動をコントロールしています!

生まれてから死ぬまでに体内で作られる【酵素】の量は決まっています!

体内で作られる【酵素】が使い切った時が【死】です!(煮たり焼いたり炒めたりした食べ物は酵素がゼロ)

分解・消化・吸収する時の【酵素】が無くなった時が【死】です!(食べてもエネルギーを作れない)

従って、体内酵素をできるだけ毎日の生活習慣の中で【使わない生き方】が必要です!(暴飲暴食が短命)

体内酵素を爆発的に使う人は、【暴飲暴食の人、激しいスポーツをする人、有害物質を大量に入れる人、薬が大好きな人、睡眠不足の人】等々の人は寿命が短い人、ガンや認知症になる人です!

体内酵素を使わないで、逆に【食べ物から毎日酵素を補う人】は元気で長命です!(一日4回酵素食品を食べる)

酵素の特徴として、一番重要なことは、酵素は【ミネラル】がないと動きません!(世界一ミネラルが多い天日海塩体と心にしみる塩の活用)

酵素の特徴として、重要なことは【体温が35度台】だと動きません!(低体温の人ががんや認知症だ)

ガン細胞が爆発的に増える体温が35度台、ガン細胞は酸素不足の時に爆発的に増えて、ガン細胞を爆発的に増やす時のエサが【糖質】ですから、1日の糖質の量をコントロールしましょう

酵素の特徴として、重要なことは酵素は【ストレス】で動きません!(ストレスは全身の酵素が動けない)

酵素の特徴として、重要なことは酵素を活性化する【生きた水・発酵を促す水】を、終日飲むことが重要です!

■多くの人は、【酵素不足】で2人に1人がガン、4人に1人が認知症になっている事実がありますで、ガン細胞を正常細胞に作り変える時間(夜の10時〜朝の2時)だから、晩ご飯は和食中心にして、更に寝る1時間前に『スリムエンザイムプラス』を一袋飲んで体内の糖質を分解してから寝て健康管理をしましょう!