【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,176日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【へその緒が語る体内汚染】森 千里戸高恵美子共著
〜未来世代を守るために〜

Chopter1. 胎児期から始まる人体汚染
・汚染されていない人がいない世界……へその緒から検出される物質DDT・PCB群・ダイオキシン類・カドミウム他
・食物連鎖における生体濃縮
・胎盤関門をする抜ける有害な物質…ウイルス・アルコール・ニコチン・麻薬・有機水銀・ある種の薬や鉛他

Chopter2. 胎児期汚染による被害の歴史
・人の一生の中で最も傷つきやすい胎児期
・水俣病、サリドマイド薬害被害
・先天異常の種類と原因は?……化学的要因・生物学的要因・物理的要因

Chopter3. 大人と子供と胎児の違い
・子供は『小さな大人』ではない

Chopter4. 身の回りの環境汚染物質による複合汚染
・過去の出来事ではない人体汚染…PCB、ダイオキシン

Chopter5. 次世代への影響、新しい考え方
・胎児期が一生の健康を決定づける

Chopter6. 子供たちを守るには…【環境改善型予防医学】という考え方
・豊かさの実感と小児アレルギー
・シックハウス症候群の増加

Chopter7. 子供たちの健康と予防原則

■日本の赤ちゃんは、最も多くの有害物質を胎内に入っていて、胎児期の複合汚染は、赤ちゃんの心身にどれだけ大きな影響を与えているのか?
※食べ物・飲み物からの食品添加物、農薬、ホルモン剤、成長促進剤、抗生物質などの薬、遺伝子組み換え作物等々の複合汚染で赤ちゃんは苦しんでいる!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,175日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【病気の8割は腸とミトコンドリアで治る】西原克成✖️田中保郎著
〜どうしても治したい二人の医者が出した驚異の処方箋〜

表紙
・がん、うつ、アトピー、ボケ、アルツハイマー、引きこもり、パニック障害ほか

序章
・たいがいの医者は患者が死のうが生きようが関係ない
・巨額な医療費が国を滅ぼす!不必要な検査は止めるべし
・【治さない治療法】は医学会の権威者が作るあげた恐ろしい策略だった

第1章 東洋医学の医学理論としての【考根論】
〜考根論で7〜8割の病気は治る!〜
・共鳴(〇リング)診断法で薬や食べ物の適・不適がわかる
・パーキンソンもアルツハイマーも腸から起こっていた
・人間の腸と植物の根は同じ!病の原因は全て腸にあり
・3日で治る病も医者は治さない
・日立の冷凍冷蔵庫『ハイ氷』の発売以来、潰瘍性大腸炎が激増した
・花粉症で耳鼻科に行ってもまるで意味がない

第2章 腸は脳よりもモノを言う
・『精神は脳にあるが、心と魂は腸にある』
・心の病・悩みは脳ではなく腸の病気だった
・『腸は第一の脳』内臓を移植すると性格も変わる!?
・財産争いも腸の【所有欲】が原因?

第3章 全ての病気はあなたの腸に原因があった
・赤ちゃんが産道を通る時にビフィズス菌をもらう
・早急に子育ての誤りを正さないと日本は滅んでしまう
・粘膜が36・5度以下になると、ありとあらゆる病気になる

第4章 絶滅へ向かう人類進化はすでに日本から始まっている
・ミトコンドリアの変異がガンの元凶である
・糖尿病が世界一多い日本!なぜなら口呼吸する人が多いから
・制ガン剤を使わない医者は病院に居させてもらえない

第5章 勝手な民間療法があなたの健康を台無しにする
終章 治る西洋医学と東洋医学で患者を救いたい
・患者も気づきはじめた西洋医学の矛盾

■上記は西原克成先生と田中保郎先生の言葉ですが、【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】も、日本人には日本人の腸内細菌にあった健康法としてガンや認知症などの生活習慣病(食源病)を予防する健康法です!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,174日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【癌の闇を瞬時に明るくできるのは自分だけ!】
〜闇の世界に太陽の光を届ける人は誰ですか?〜

◼️真っ暗な闇の世界の心が癌や認知症やウツ病などの心の病を作りますが、それは自分自身が作っている【心の持ち方が原因】では

※心を闇(否定的感情)にしたのは……他人のせいでしょうか?
※他人の言葉や行動があなたの心を闇にしたのでしょうか?
※多少は他人の言葉や行動が原因の可能性がありますが【心身が鍛えられていた】ら、他人には影響は受けません!
※心身を幼い頃から鍛えるのが親の役割では?
※20歳を過ぎたら、親の責任ではありません!
※20歳を過ぎたら誰もが【心身を鍛える】ことは可能です!(無知は罪)
※否定的感情を毎日続けた結果、60兆個の細胞を狂わせて癌細胞を増やす事実!

✳️夫婦でうつらない病気は自分自身が作った病気です!
※癌・認知症・アルツハイマー症・心筋梗塞・脳梗塞・高血圧・糖尿病・アトピーやアレルギー症・喘息・花粉症・肥満症・ウツ病などの心の病は誰が作った病気でしょうか?

※毎日の食べ物・飲み物は自分自身の心が決めて食べて飲んでいる事実!
※世界一有害物質を毎日大量に体内に入れている日本人!

◼️自分自身の心身を狂わせ、子ども達の心身を狂わせる食べ物・飲み物を知ることが闇の世界に入らない最初の関門です!

※癌は食べ過ぎ・飲み過ぎが原因です!
※食べ過ぎではいけない食べ物は……白砂糖、動物性食品(卵・お肉・乳製品)、小麦(パン・パスタ・ピザ・ラーメン・ウドン・お菓子)、酸化した油、食品添加物・農薬・抗生物質などの薬入り食べ物は心身を狂わせて闇・癌を増やしています!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,173日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【野菜は小さい方を選びなさい】岡本よりたか著
〜大きい野菜は栄養がスカスカ!?〜

表紙
・オーガニックだから【安全】【美味しい】ではない!
裏表紙 次の理由で野菜を選ぶのは間違っています。
□ JASマークがついている
□ 有機栽培と表示されている
□ 無農薬だったら安心
□ 有機野菜だから安全
□ オーガニックは栄養がある
□ 大きい野菜の方がお得
□ 色の濃い野菜は栄養価が高い
□ みずみずしさは新鮮さの証
□ 甘みがつよいのは美味しい証拠
□ 形や大きさが揃っているもの

第1章 肥料農薬がなくても野菜は育つ
・肥料が野菜を『不味くする』
・農薬を止めれば、作物は『病気にならない』
・微生物が死滅して、日本は『砂漠化』している

第2章 有機野菜だから安全…ではない
・化学肥料よりも『危険な有機肥料』もある

第3章 不自然な種が不健康な食べものを生む
・ミツバチたちの受難の時代
・除草剤をかけても『枯れない種』
・特許を取られた『不自然な種』
・『不自然な作物』がもたらす健康被害

第4章 本物の野菜は雑草と虫が育てる
・『野菜の味』は土で決まる
・『品質改良』が虫食いの原因

第5章 本物の野菜の選び方
・本物の野菜は腐らず『枯れる』

■上記の文章は岡本よりたかさんの言葉ですが、キッズ農園の現状(大雨でジャガイモ・白菜・大根・人参さんが根腐れして死んだ)を考えると大きな気づきを頂きました!不自然な種の野菜を食べ続けたら病気になるのが理解できました!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,172日目の解説 球体健康法の創始者山本敏幸

■【放射能から身を守るのは【味噌・塩・水・梅干し】です!】
〜晩ご飯の時に食べる和食中心がデトックス食品〜

■お昼ご飯は、腹八分であれば何を食べても良い健康法が【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】です!

■過去、10年間で2000人のガン患者さんの個人相談を受けてわかったのが、最強の有害物質(放射能)を解毒・排毒・デトックスするや山本敏幸実践理論です!

※2000人のガン患者さんの中には、放射線治療、抗がん剤治療をしながら、山本敏幸健康法を実践して頂いた人がいましたが、普通の人は髪の毛が抜けるが、山本理論の実践者は髪の毛が抜けないで病院から帰ってきた人がいた事実!

※抗がん剤放射線治療をすると、一個のガン細胞を殺す時に、周囲の正常細胞を1000個殺すと言われている!

※抗がん剤や放射線治療をすると、最初に食欲がなくなり、次に嘔吐や下痢が続き、次に髪の毛が抜けてくる人が多い!

■ガン患者さんの個人相談を受けて、食事改善のご指導をさせて頂きますが、ガン患者さんは素直に実践する人は、体内の有害物質を一気に解毒・排毒・デトックスします!

※理想は玄米を一口100回以上、良く噛んで食べて頂きます!(噛めない人は玄米発酵食品をお勧め)

※晩ご飯の時に、①生味噌(酵素が生きている)をティースプーン一杯食べる、②ミネラルが68種類入っているお塩で作った梅干しを一個食べる、③理想は黒豆納豆を毎晩食べること!

※一日中、活きた水・発酵を促す水・腸内細胞を活性化する水、リンパの流れを良くする水を飲んで有害物質(特に放射能)を解毒・排毒・デトックスすること!(ガイアの水135)

※一日中、ミネラルが68種類以上入っている天日海塩(心と体にしみる塩)をすべてのお料理に使うこと!

■上記の最強の解毒・排毒・デトックスする食べ物は、神棚の上【水・玄米・塩】でした!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,171日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【給食で死ぬ】大塚貢+西村修+鈴木昭平共著
〜三島市、小浜市でも食育改革実践!!〜

表紙
・いじめ・非行・暴力が給食を変えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!
・保存剤、添加物だらけのファーストフード、菓子パン、肉中心の食事。このままでいいのか?

第1章 荒れていた中学が【給食】と【花】で優秀校に変貌
・コンビニ前で張り込むー食の調査
・詳しく調査で見えてきた“食の実態”
・じつはたくさん摂っている食品添加物
・給食を変えるしかない

第2章 【荒れた町】が【非行ゼロの町】に大変身
・腐らないパン?
・無農薬、低農薬の素材を使った給食がついに実現
・子どもに魚を食べさせたい
・給食を変えたら、子どものアトピーが消え、非行が消え、不登校の生徒がいなくなった
・子どもの絵に現れる農薬多用地域と農薬不使用地域での違い

第3章 生活習慣病予備軍をなくし医療費を下げよ!

第4章 改革のカギは食べ物と教育環境にあった!?
・驚くべき凶悪犯罪の【共通点】犯罪と食べ物の微妙な関係

第5章 【食と潤い】で企業も驚くほど変わる
・アメリカでもハンバーグの高カロリー給食追放運動

第6章 まずは地元から学校給食を変える 文京区議会議員 西村修
・ガンの告知〜マクロビオティックを実践
・玄米を食べながら…復帰の道のり
・給食改革への決意

第7章 【食】を変えることで知的障害児が大幅改善
・世界を震撼させたイギリス暴動の遠因は学校給食?
・ダウン症でも改善は十分可能
・エジソン・アインシュタインメソッドと大塚方式の共通点

■上記は大塚貢先生を中心とした先生方の書かれた内容ですが、家の食事改革は難しいので、学校給食だけでも安心安全な食べ物、ご飯中心にしたら、子ども達が一変した事実!(一日一食、晩ご飯は和食にしませんか?)

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,170日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【医者いらずの食べぐすり】②おばあちゃんの知恵袋 女性編 保存用 拡散希望!
〜身近な食材で体を治す、お台所のくすり箱〜

表紙
・おいしく食べて、体を整える〜

第1章 日常の不調に効く食べぐすり

第2章 女性の不調に効く食べぐすり
・冷えー干しエビと干し貝柱のおかゆやニラとくるみの炒め物他
・月経不調ーごぼう酒やきくらげの粉末他
・生理痛ーアーモンドのミルクやこんにゃく湿布他
・肥満ー塩麹きのこやきんぴらごぼう、トマトとオクラの寒天寄せ他
・むくみー小豆茶やスイカ糖やトウモロコシのひげ茶他
・老化防止ー玉ねぎの味噌漬けや黒ごま豆腐他
・白髪ーめかぶ納豆や酢玉ねぎ他
・貧血ージャガイモ山椒やビワの葉の化粧水他
・肌の乾燥ー牡蠣のチーズ焼きや黒いご飯他
・美肌・美白ー酢レンコンや梅やっこ他
・更年期障害ーイチジクの甘煮やニンニク生姜酒他

第3章 けがや痛みに効く食べぐすり
・切り傷・擦り傷ーアロエの液汁やよもぎの葉の汁他
・筋肉痛ー黒酢の酢豚や生姜の湿布他
・腰痛ーなた豆ともち玄米やビワの葉の温湿布他
・虫刺されーどくだみ茶や根物のしぼり汁他

第4章 知っておきたい身近な薬草辞典
・アロエ、柿、葛、山椒、しそ、タンポポ、茶葉、どくだみ、蓮、びわ、ユキノシタ、よもぎの薬草は……

■上記は宝島社の本ですが、一家に一冊置いておきたいおばあちゃんの知恵袋です!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,169日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

◼️【地球で一番腸内細菌が喜ぶ水を!】
〜まさか、死んだ水にお金をかけていませんね〜

■生命の源である酵素の約60%は腸内細菌が作るので、腸内細菌が喜ぶ水、発酵を促す水を飲みましょう!

◼️ペットボトルやボトルウオーターの水は死んだ水では?
※水は3日間動かさないで積んで置くと死んだ水では?
※500㏄のペットボトルは100円で死んだ水では?
※500㏄の活きた水が7円の水を飲みませんか?
※卓上型浄水器は10,152円で購入できて、カートリッジを5040円で交換すると400ℓも飲めますが!

◼️【水は正確に一瞬ですべての情報を60兆個の細胞に届ける】ことを知っていますか?
※素晴らしい水を飲んでも、不足・不満・怒り・イライラ・心配・嫉妬心・責め心・恐怖心の心は一瞬で素晴らしい水が否定的感情を60兆個の細胞に届けることを知っていますか?
※44ヶ月前までは【お水にお金をかけるのはバカだ!】と30年間言ってきた!

◼️神棚に日本人の健康法があると分かったので【1カ月で血液をキレイにする健康法】理論を発表したが、すべての浄水器には、素晴らしい点と必ず欠点があり、一切浄水器をお勧めしてこなかった私です!
※水道水の塩素は半日置いて置くと塩素は無くなると言ってきた!

◼️理想的な水は【湧き水に近い水】では?
※人類の歴史上、磁石や電気を使って作られた水を飲んだことがない!
※磁石を帯びた水、電気のエネルギーを持った水は歴史上飲んだことがない!
※電気分解された水を病気の治療として一時的に使うことはあっても、日常的に毎日飲むことに少し疑問を持っている。
※湧き水は活きた水で、塩素はゼロ!サビや水銀などの有害物質は入っていない!

◼️水には死んだ水と活きた水があります!
※水には腐敗する水と発酵させる水があります!
※腸内細菌を不活性化させる水と腸内細菌を活性化する水があります!

◼️無調整の豆乳85㏄にあなたの飲んでいる良い水と言われている水15㏄で【ヨーグルト】が作れますか?
※自分の信じている水で必ず実験をしましょう!
※牛乳と良い水でヨーグルトができる水はありますが、豆乳と水でヨーグルトができる発酵させる水はありません!(ガイアの水135は卓上型浄水器が10,152円と格安で腸内細菌を活性化する水が飲めます)

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,168日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【医者いらずの食べぐすり】①おばあちゃんの知恵袋 保存用 拡散希望!
〜身近な食材で体を治す、お台所のくすり箱〜

表紙
・おいしく食べて、体を整える〜

第1章 日常の不調に効く食べぐすり
・喉の痛み…大根・れんこんおろしや玉ねぎ湯他
・風邪の引き始め…焼きねぎのたれ漬けやニンニクの味噌玉他
・発熱…生姜の葛練りや大根湯他
・頭痛…長ねぎと生姜の煎じ汁や温かいセロリのジュース他
・肩こり…酢の温湿布やニンニク灸他
・便秘…アロエ入りみかんジュースやどくだみ茶他
・ストレス…りんご寒天や青じそ茶他
・不眠…タンポポコーヒーやよもぎの安眠呼吸法他
・胃痛…ジャガイモの黒焼きやキャベツの生葉のすりおろし他
・花粉症…赤しその甘酢水やねぎ味噌湯他
・高血圧症…干し椎茸の戻し汁やにら玉ねぎ納豆そば他
・夏バテ…冷やし甘酒や苦瓜の氷菓子他

第2章 女性の不調に効く食べぐすり

第3章 けがや痛みに効く食べぐすり

第4章 知っておきたい身近な薬草辞典
・アロエ、柿、葛、山椒、しそ、タンポポ、茶葉、どくだみ、蓮、びわ、ユキノシタ、よもぎの薬草は……

■上記は宝島社の本ですが、明日は女性の不調に効く食べぐすりをお知らせします!一家に一冊置いておきたい本の一冊です!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,167日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【非加熱の食べ物を毎食食べる健康法】
〜加熱すると酵素は死活する〜

■煮たり、焼いたり、炒めたりして加熱して作る食べ物は、栄養は残っているが、【酵素はゼロ】食品です!

■生命の源である【酵素】とは……消化・吸収・分解・代謝・解毒・排毒・排泄する全ての仕事をしている。

■35年間の酵素の研究をしてきたが、現在の生活習慣病(食源病)は、加熱した食べ物ばかり食べている人がガンや認知症などになっている!

※ガン・脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病・高血圧・アトピーアレルギー症・喘息・花粉症・肥満症・認知症・アルツハイマー症・ウツ病などの心の病・自殺は生活習慣病(食源病)で加熱して作る食べ物が多い人がなる病気です!

■朝は……国産の果物をタップリ食べて酵素を補う!
・昼は、日本で採れる生野菜をタップリ食べて酵素を補う!
・夜は、生味噌をティースプレー一杯と、黒豆納豆(タマネギをみじん切りに、鰹節をかけて、最後に生味噌をまぜて)、納豆を食べられない人は、長芋を食べてタップリ酵素を補う!
・寝る1時間前に、豆乳甘酒(米麹には酵素が100種類?)を100cc食べてタップリ酵素を補う!

■今日から1ヶ月間、一日4回タップリ酵素を補う健康法を実践しましょう!