【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,663日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【今の子ども達は平均寿命が50歳台になる!】
〜あなたの子ども・孫たちの未来だ!〜

子ども達の食べ物・飲み物を見ていると、今の子ども達の寿命は50歳台まで落ちて、『親が子どもの葬式を出す時代』が来ると信じている私です!

日本政府は2人に1人がガンになり、4人に1人が認知症になると発表している!(私は3人に2人がガンになると!)

実際に若い30歳〜50歳台の人が次々にガンで死んでいる事実!

子ども達の『給食が現代栄養学・カロリー栄養学で作られている』が、【現代栄養学・カロリー栄養学は崩壊】していませんか?

※『現代栄養学・カロリー栄養学で足りない物』がある!……ビタミン・ミネラル・食物繊維・食物酵素・活きた水・お塩・日光不足・酸素が極端に不足してガンが爆発的に増えている!

※【減塩するからガンになる!】が自然塩には悪さをする自然塩がある!
※ミネラルが68種類入っている塩に大至急変えてほしい!

世界一食べ物・飲み物に『食品添加物』を入れている事実!

■世界一『遺伝子組み換え食品』を食べさせている事実!

世界一子ども達に多くの『薬を飲ませている』事実!

世界一効かない『ワクチンを子ども達に打っている』事実!

世界一に近い『農薬まみれの野菜』を食べさせている事実!

お母さん達がお料理を作らないで、『電子レンジでチンした栄養が破壊された食べ物』を子ども達に食べさせている事実!

生活空間のすべてが『電磁波』で溢れている事実!

『世界一塩素の多い水、死んだ水』で料理をしているので『細胞に届かない水』を飲んでいる事実!

※本当に素晴らしい水は電子レンジでチンしても、常温に戻すと活きた水に戻る水を飲むこと!(ガイアの水135に変えませんか?)

※『細胞に直接届く水』を飲むこと!
※生命の源である酵素を活性化する水・発酵を促す水・リンパの流れを良くする水を飲むこと!
※心の状態を一瞬で情報を正確に届けるのが【水だと知ること】が重要です!

上記の条件から、今の子ども達は50歳台までしか生きられないと信じている私です!

【1ヶ月で血液をキレイになる健康法】の解説1,662日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【お肉を食べる時の条件は……】
〜まさか、米国産牛肉、ブラジル産鶏肉を食べていませんね〜

■2000人のガン患者さんの個人相談を受けてわかったが、多くの人は動物性食品(卵・お肉・乳製品)を止めてもらうとガンが治りやすいことがわかりました!

🌟しかしながら、少数の人は、玄米菜食にすると、どんどんガンが進む人がいて、お肉を食べるとガンが治った人がいた事実があります!(数%)

■最近は、遺伝子検査をすることで、お肉を食べない方が良い人、お肉を食べても大丈夫な人がいることが、遺伝子検査でわかります!(遺伝子検査はそんなに高くない)

最近は、【糖質制限】をお勧めする健康法があり、『お肉をドンドン食べる健康法』をお勧めしている先生がいますが・・・

※糖になる食べ物とは……炭水化物のすべて(お米・パン・パスタ・ピザ・ラーメン・うどん・小麦粉から作るお菓子類他)、白砂糖他、黒砂糖・蜂蜜・メイプルシロップ他、ジャガイモ・カボチャ・サツマイモ、多くのアルコールなどはすべて【糖】になる!

私は、【一日の糖になる量が多いこと】が問題だと思っています!(良質なお肉は少々食べることは問題ではないが、悪質な肉が多すぎる‼️‼️)

■お肉を食べる時の条件は……

※食べる以上、良質のお肉を食べることです!

※ヨーロッパでは『米国産牛肉は輸入禁止』です!(まさか、安いからと子どもに食べさせていませんね!)

※米国では、『ブラジル産鶏肉は輸入禁止』です!(まさか、安いからと子どもに食べさせていませんね!

※まさか、『遺伝子組換えし過ぎたトウモロコシ』を与えて育てたお肉を子ども達はに食べさせていませんね!

※お肉を食べる時の条件として、私は、一年に数度、『抗生物質やホルモン剤、成長促進剤』を【与えていない豚肉】を取り寄せて食べています!

※お肉を食べる時の条件は、年に数度北海道の鹿肉を食べています!(鹿は草しか食べていないので、お肉では一番安全なお肉です!)

世界一抗生物質やホルモン剤、成長促進剤をエサの中に入れている牛肉・豚肉・鶏肉をまさか、子ども達に食べさせていませんね!

・成長促進剤や成長ホルモン剤が動物性食品から子ども達の体に毎日入ると、女の子の成長が早まり、生理が小学生の低学年からはじまっている事実があります!

【成長速度が早い】ということは、当然ですが、【寿命が短くなる】ということがわかりますか?

※現在の子ども達は成長速度が早いので、私は平均寿命が50歳台まで落ちると言い続けてきました!(成長速度と寿命の関係)

※お肉を食べる時の条件は、良質なお肉を食べることが重要ですが、私は動物性タンパク質を減らして、お豆腐や納豆や、大豆で作っているお肉ソックリな商品を、植物性タンパク質お勧めします!(自然食品店には必ずあります)

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,661日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【リンパの淀み・詰まりがガンや認知症の原因です!】
〜乳ガンの原因はリンパの淀み・詰まりが原因です!〜

※リンパの淀み・詰まりは、『血液がドロドロ』が原因です!(動物性食品白砂糖減塩)

※リンパの淀み・詰まりは、『死んだ水を飲んでいる』からです!(ペットボトルやウオーターサーバーの水は死んだ水)

※リンパの淀み・詰まりは、ストレスから『酸素不足』が原因です!(ストレスで呼吸が浅くなり酸素不足に)

※リンパの淀み・詰まりは、水素水の飲みすぎから『酸素不足』になった(水素は体内の酸素を奪うから飲み過ぎると体内の酸素が不足して、酸素がなくなった時に爆発的にガン細胞が増える事実)

※リンパの淀み・詰まりは、『硬い筋肉』を作ったから(お肉の動物性タンパク質は硬い筋肉、植物性タンパク質は柔らかな筋肉を作ります)

※リンパの淀み・詰まりは、『顔を見れば』わかります!

※リンパの淀み・詰まりは、『白砂糖一杯の食べ物・飲み物』の食べ過ぎが原因です!

※リンパの淀み・詰まりは、『動物性食品が大好きな人』がドロドロ血液を作りリンパの流れが止まるのが原因です!

※リンパの淀み・詰まりは、『酵素が足りない』からです!(消化・吸収・分解・代謝・解毒・修復・排泄・排毒のすべて)

※リンパの淀み・詰まりは、『減塩』した結果、酵素を動かす塩が足りないからです!(減塩すると筋肉が動けないので、リンパの流れが止まります!

※リンパの淀み・詰まりは、酵素を動かす『ミネラルが足りない』からです!(リンパの流れを良くするのは筋肉を動かすことですから、筋肉を動かす塩と活きた水とミネラルが必要です!)

■リンパの淀み・詰まりを良くするのは、【腸内細菌が全身の約60%】もリンパの流れを作っている事実を知ることです!

■免疫学の世界的権威の安保徹先生は、【自立神経を左右しているのはリンパの流れ】がひとつの大きな大きな原因だと言っている!

◆毎日、自分自身でリンパの淀み、詰まりをケアすることが健康法の基本中の基本ですので、テラヘルスエネルギーの【デゾブルハンド】は一家に一個お勧めしております

 

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説 1,660日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【1ヶ月でダイエットを成功させるポイントは
〜ポイントは、【脳を満足】させることです!〜

脳を満足させるのは【一口30回良く噛む】ことで、脳に満腹信号が行き、食べ過ぎが予防できてダイエットできます!

脳に【ミネラルが足りない】と甘い物が食べたくなります!

◉脳にミネラルを届けるために、ミネラルが約68種類が入っている【心と体にしみる塩】を多様に活用すること!(35年間の実験・実行・実証・実践した答えです!)

水を飲む時は500ccに対して1g程度【心と体にしみる塩】を入れてから毎日飲むことです!

ダイエットを成功させるポイントは【心と体にしみる塩】の活用です!(世界一ミネラルが多い68種類)

ダイエットを成功させるポイントは、【パンやパスタ、ピザやラーメン】を【晩御飯として食べないこと】です!

【晩御飯を和食中心】にすることがダイエット成功の秘訣です!(但し、一口30回良く『噛む』必要があり歯を治す必要有り)

和食中心ですが、【主食(ご飯)1】に対して【副食(おかず)の量も1】の量を食べましょう!

【主食1対副食2とか3】になっているとダイエットは、難しいです!

ダイエットを成功させるポイントは、10時や15時に【オヤツを食べないこと】です!

ダイエットを成功させるポイントは、【脂肪を燃焼させる酵素】を補うことです!(脂肪を燃焼させる酵素が活きてくるスリムエンザイムプラスの活用を!→購入方法はコメント蘭を)

野菜をタップリ、海藻をタップリ、豆類をタップリ食べることがダイエットを成功させるポイントです!

ダイエットを成功させるポイントは、【ストレスの解消方法を学ぶこと】です!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,659日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【お塩の使い方が健康の源!】保存用!
〜減塩するからガンや認知症になる!〜

※心と体にしみる塩は『ミネラルが68種類』入っている素晴らしい塩ですよ!

※満月の海水を汲み上げ、太陽と風だけでお塩を作り、お塩ができても売らないで、半年以上山積みにしておき『ニガリを少し捨てている塩」ですよ!

※一切、『熱を加えていない塩』ですよ!

※現在使っているお塩とミネラルが68種類入っているお塩で一口オニギリ作り食べ比べましょう!

心と体にしみる塩の使い方……

※『活きた水・発酵を促す水』500ccに1〜2g程度お塩を入れて毎日1〜1.5ℓは飲みましょう!

※外食の時はドレッシングを半分にして『お塩』をかけて食べましょう!

※お味噌作りにもミネラルが68種類入っているお塩で作りましょう!

※漬け物も梅干しもこのお塩で作りましょう!

※ミネラルが68種類入っているお塩ですべてのお料理を作りましょう!(味が一変します)

悪さをしないお塩も大切ですが、食源病(生活習慣病)の一番の原因はミネラル不足なので【ミネラルが68種類入っているお塩】がお勧めしている理由です!

※生命の源である【酵素】は補酵素である『ミネラルがなければ動かない』事実!

※生命の源である酵素は【消化・吸収・代謝・解毒・修復・排泄】のすべてはミネラルが必要です!

家を建てるとき地鎮祭の時、四隅にお塩を置くが理由は……!

※古からお塩を神棚の上にあげてきた理由は?
※浄める時にお塩を必ず使います!
※心と体にしみる塩は、いつも持ち歩きましょう!
※子どもさんのランドセルに入れておきましょう!
※車の中にも置きましょう!

減塩すると、全身の筋肉が動けないので、血流の流れ、リンパの流れが滞るので、体内の有害物質や老廃物を解毒・排泄・排毒・デトックスできない

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,658日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【心身が狂う危険なダイエット!】
〜ダイエットは我慢・辛抱しないダイエットを〜

まさか、カロリーゼロ!、腐敗する野菜、遺伝子組換え食品、食品添加物を食べながら、飲みながら我慢・辛抱しながらダイエットをしていませんね!(1ヶ月で血液をキレイにしながら我慢・辛抱しないダイエットをしましょう)

■多くの人は、ストレスを『食べること!飲むこと』で解消している人が多い!

■食べ過ぎ・飲み過ぎて体脂肪や中性脂肪を蓄積させて、『脂肪に有害物質を蓄積』させてガンになる!

■ダイエットをする時の基本は、脂肪に蓄積されている有害物質を【解毒・排泄】が終わらなければ、脂肪は【燃焼】しません!

■この脂肪に蓄積されている有害物質・重金属を解毒・排泄させる基本は【リンパの流れ】を良くすることです!

リンパの流れが悪くなるからガンや認知症になることが理解できますか?

■リンパの流れを良くするには……

※【減塩するから筋肉が動かない】ので、減塩しなくても良い【心と体にしみる塩】はダイエットしたい時やリンパの流れを良くするには必須です!

※リンパの流れを良くするには、柔らかな筋肉が必要です!(お肉は硬い筋肉、『大豆たんぱく質は柔らかな筋肉』を作ります!)

※リンパの流れを良くするには、筋肉を動かす【酵素】が必要です!(1日4回良いタイミングで酵素食品を食べること)

※リンパの流れを良くするには、酵素を動かす【ミネラル】が必要です!(68種類以上ミネラルが入っている世界一ミネラルが多い自然塩が必須です)

※リンパの流れを良くするには、リンパの流れを良くする活きた水・発酵を促す水・解毒排泄させる水が必要です!

上記の条件をすべて実践しても、残念ながらリンパの流れは良くならない体験を私自身の2年間の実験・実行・実証・実践でわかり、リンパの流れを良くする施術を受けて一気に解決しました!

毎日の生活習慣を改善することは勿論ですが、2年前からは、テラヘルスエネルギーの【デゾブルハンド】で、リンパの流れを自分自身で改善していますよ!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】解説1,657日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【活きた水を飲んで超元氣な心身を作る!】

※『活きた水と死んだ水の違い』を学びましょう!

※『水と水分の違い』を学びましょう!

※理想的な水は【湧き水】なので浄水器も湧き水に近い水を選びましょう!

※活きた水で更に生命の源である【酵素】を活性化させる活きた水を飲みましょう!

※テラヘルスエネルギーが高い活きた水を飲みましょう!

良い情報も悪い情報も【一瞬で正確に60兆個の細胞に届く】ことを学びましょう!

※良い情報も悪い情報も水が一瞬で届けます!

※活きた水を寒いときは一日1ℓ程度、汗をかく時期は一日1.5ℓ程度飲みましょう!

※活きた水を飲む時は、500ccに1〜2g程度【心と体にしみる塩】を入れて飲みましょう!

※活きた水は飲むタイミングが一日4回決まっています!

※活きた水を【感謝・ありがとう】の気持ちで飲みましょう!

活きた水を飲むタイミングは……

❶目が覚めたらコップ一杯程度活きた水を飲みましょう!

❷食事の5分前にコップ一杯程度の活きた水を飲みましょう!(一日3回飲むタイミングが決まっています)

※食事前に飲むと胃腸の大掃除ができます!

※水や水分を飲み過ぎないことが大変重要です!(飲み過ぎは耳鳴りや夕方に足がむくむ水毒に!)

活きた水を良いタイミングで感謝して飲むと……

※生命の源である【酵素】が動きます!(消化・吸収・代謝・解毒・修復・排泄)

※胃腸の働きが良くなります!

※体内の有害物質を解毒・排泄する酵素が動きます!

※有害物質が排泄されてダイエットスタートへの道です!

※活きた水は体内の脂肪を分解させる酵素が動きますのでダイエットへの道です!

※有害物質を解毒・排泄する酵素が動きますので、食源病(生活習慣病)の予防・改善が可能では?

浄水器の選び方とは……35年間の研究!

※誰でも変える『安い活きた水、湧き水に近い水』を作る浄水器を選びましょう!

※豆乳85ccに対して活きた水15cc入れて温かい場所に置くと『ヨーグルトができる水』を選びましょう!

約30年間、水の研究をしてきて、浄水器でお勧めできる浄水器がなかった‼️

どんなに良い水を飲んでも『心配性・イライラ・怒り・恐怖・嫉妬心・責め心』がおきると一瞬でその気持ちは60兆個の細胞に届くので、【水にお金をかけるのは無駄】だと思います!

※心身の健康という言葉は、【体は心に支配されている】という事実!

 

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,656日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【最後のガン予防は『断糖』と『リンパの流れ』だ!】
〜1日の糖になる【食べ物・飲み物の『糖になる量』】が問題です〜

糖になる物とは……全ての炭水化物・小麦からの全ての食べ物、お菓子類、白砂糖他メイプルシロップ・蜂蜜などの甘い物、アルコール類、全ての果物、ジャガイモ・サツマイモ・カボチャも『糖』になる!

上記の食べ物・飲み物の1日の『食べた量・飲んだ量』が糖尿病・高血圧・がん・痛風・肥満・心の病・老化・アトピーやアレルギー症の原因です!

西脇俊二医師の本【断糖】のすすめの内容……

・高血圧・糖尿病が99%治る新・食習慣

・がん・動脈硬化・痛風・肥満・うつ……病気の悩みの原因は砂糖、ご飯、パンなどの【糖】が9割!

・断糖とは、病気になれない食事法である!

第1章 現代人にとって、糖は【毒】である!

・バランスのいい食事が人生を狂わせる!
・メタボ最大の元凶は、余った糖質にあり!
・蓄積した体脂肪がさまざまな悲劇を招く!
•糖質は『中毒性』のある麻薬だ!

第2章 たいていの病気は【断糖】で完治・改善する!

・従来の糖尿病治療は間違っている!

・茶碗一杯(100g)のご飯には角砂糖約9個分の糖が含まれている!

・断糖超高濃度ビタミンCで、ガン細胞が消える理由!

・うつは、糖が引き起こす『脳の病』である!

・統合失調症は断糖3日で症状が治まります!

第3章 3日間で実感!断糖ダイエット!

・危険!カロリーダイエットの落ちし穴!
・日本人に多く見られる『粗食』の悪影響
・マクロビも危険
・野菜だけのダイエットは有効か?

第四章 ボケない断糖の法則
第5章 人生を変える【断糖マニュアル】以上が西脇俊二医師の言葉

ガンや認知症を予防するには、一日の【糖】になる食べ物・飲み物の【量】で決まり、老廃物をデトックス・解毒・排泄・排毒が最大のテーマだから【リンパの流れ】をよくすることが一番重要です!

■リンパの流れが滞るので、有害物質や老廃物を解毒・デトックスできないので、ガンや認知症などの生活習慣病になる!

糖質が多い人にお勧めしたいのがYouTubeで確認してほしいのが『糖質分解実験・スリムエンザイムプラス』ですよ!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,655日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【働く人の養生訓 】若林理砂院長
〜あなたの体と心を軽やかにする習慣〜

・あと15年、働けますか?
・人気鍼灸師が伝授!体と心を整える生き方!
・だるい、疲れがとれない、気力が湧いてこないあなたへ!

第1章 古代人も知っていた『体と心』の深い関係

12 心の状態が体を支配するー心の状態が体に対して支配的に働く!

16 心の動きが体を損なうー大昔の人も、心はあちこちにかき乱され、欲望にまみれ、妄想もたっぷりで体を損なう!

19 感情は表に出さないと体を害するーどの感情もきちんと表出さないと、体を害する!あらゆる感情は平等であり、自然に発露させることが大切です!

20 過度の喜びはよろしくないー怒=肝、喜び=心、思・悲=脾、憂=肺、怒・驚=腎

22 強い感情は体を傷つけるー七情は全て平等であって優劣はなく、全てのびのびと表出させるべきもの!

23 その不機嫌は内臓の不調かも?
•胃の状態が悪くなると悲観的な言動が多くなり、アルコールを大量に摂取すると肝臓の状態が悪化すると、ちょっとしたことで怒り出したり、他人を恫喝する!

第2章 不調の悪循環から抜け出す方法

26 抑うつ傾向の人の特徴
•患者さんの口癖は、『そんな気になれない』『動く気になれない』『作って食べる気にならない』といい『考え方と行動に歪み』がある!

28 抑うつ状態から抜け出す方法ー①陽に当たる ②炭水化物+タンパク質を摂る ③ラジオ体操

31 健康の基礎『養生の三本柱』ー①食べる ②寝る ③体を動かす

32 生活習慣が乱れた人が訴える症状ー抑うつ、理由の分からない不調である自律神経失調症の人が多い!

36 とにかく生活のリズムを壊さないー①最初は一つだけでいいから動いてみる! ②何かしらの生活習慣を取り入れてみる!

38 体内時計を整えるー時間栄養学では、長時間食事の間隔をあけると、体内時計のリセットが可能!一日を一定に過ごすこと!

48 姿勢次第で気分が変わるー下を向くと心が沈む!
•うつむいて猫背で作業をしながら、猛々しい演説をぶちあげることはできない、

第3章 不機嫌になる種をとりのぞく

55 行動を制限する心のクセー人間が心の中にきっちり刻み込んでしまったことは、行動を規定し続けます!

57 体と心の不思議な関係ープラセボ効果は、偽物の薬(例えば小麦粉)を、医師が『これは新薬で、あなたの病気に良く効く薬です』といって処方すると、全く薬効がないのい、一定の役割で病気が治る!

60 『不機嫌チエック』で体調管理ー空腹? 風邪? 冷え? 寝不足? 天気による自律神経失調症?

67 ストレスからの痛みー家庭の問題が悪化すると痛みがひどくなり、問題が解決すると痛みが改善する!

第4章 天候に影響されない体と心をつくる

74 痛みや不調を起こす気圧変動
88 痩せと肥満は気温変化に弱い
90 気温変化に負けない太らない体をつくる
103 日照時間は確実に人体に影響するー太陽の光が調整しているのは、脳内ホルモンであるセラトニン!
104 曇りがちな冬は大食いに注意

106 天気に左右されやすい人の食生活ーセロトニンを出すたべが下記の食べ物↓
•朝食は、食パンにジャムとチョコレートスプレッド、イチゴ味のヨーグルト、ゆで卵、コーヒー
•間食は、ザラメせんべい
•昼食は、焼きそば
•夕食は、外食でラーメンと餃子、野菜炒め、デザートにアイスクリーム

第5章 自分の『中庸』を知る
第6章 養生と未病 〜そこそこのパフォーマンスを継続するための生活習慣

144 養生とはー生きていく上で心や体の波があって当然で、東洋医学的な知識を駆使して生きる力を養う技法を養生という!

146 未病とはー『まだ病気ではないけれど、なんとなくおかしい…かな?』程度の状態を未病という!

147 中庸になる生活リズム
150 食事の波
155 体のこわばりを解くこと
160 体のこわばりを解く呼吸法

■上記は鍼灸師の若林理砂院長が書かれた文章ですが、心と身体の深い繋がりを、鍼灸で治療されている先生で、毎日の生活習慣のクセを治して病気を予防する方法が多数書かれていますね

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,654日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【『あ!』手帖】関口由紀女性医療クリック理事長
〜ちょび漏れ女子のために〜

●オトナの女子の4割以上、誰にも言えない、もしものときの『あ!』が、すっきりなくなってデトックスできるからもっと美人になれる!

●こんなときもすっきりー冷え、便秘、マタニティ、ダイエット、デトックス、アンチエイジングに!

序章
18 どんなケアをしているのか?ーおりものシートを代用している人が大半で、専用シートを使用している人が6%だけ!

◉おりものシートではかぶれてしまう!(山本式では化学薬品ゼロのマイナスイオンが出ているシートをお勧めしています!)

●まずはちょび漏れの原因を探れー20頁 なんでちょび漏れしちゃうのか?22頁

◉骨盤底筋が緩む!(出産や便秘)、尿意を我慢できない!(尿道を閉じる筋力が低下してー(山本式では筋肉が緩むのは白砂糖一杯の食べ物、飲み物が原因!)

第1章 ちょび漏れしない11のコツ
コツその1 一日のトイレの回数を数える(一日3〜8回か?)
コツその2 水分をうまく摂る(水の飲みすぎ)
コツその3 食事制限だけのダイエットはしない
コツその4 オシッコを我慢してみる
コツその5 コーヒーやアルコールは一日一杯に!
コツその6 生活リズムに合った運動をする
コツその7 ちょび漏れに効く食材を積極的に食べる(長ネギ、ニラ、銀杏、ジャガイモ、ネバネバ系の食材ゴボウ、カボチャ、人参、ニンニク他)
コツその8 力を入れてオシッコをしない
コツその9 体を温める(冷たいものの飲食を避けて、暴飲暴食をしない、首を冷やさない)

コツその10 道具をうまく使う(山本式道具はララムーンという優れものを一日99円健康法として24時間365日活用する)

•おりものシートや生理用 ナプキンはデリケートゾーンのトラブルだ‼️

コツその11 気がついた時に、プチトレーニングをする!(骨盤底筋を鍛える基本のポーズは47頁参照)

第2章 朝の過ごし方

50 朝起きたら布団の上でトレーニング
52 朝ご飯の時の納豆はNG!ヨーグルトもNG!
56 出かける前に、靴の土踏まずがある靴を履いて!
58 通勤・通学の道がトレーニングに最高です!
64 電車でこっそりできるプチトレーニング!

第3章 昼の過ごし方

第4章 夜の過ごし方

102 ちょび漏れしやすいお酒の種類ービール、シャンパン、スパークリングワインは特に注意を!赤ワインも注意を!

108 お風呂でできるちょび漏れトレーニング
110 デリケートゾーンの洗いすぎは、痒みとちょび漏れの原因になる!

◉デリケートゾーンには常在菌がいるので、洗いすぎと、塩素が世界一多い温水便座で洗うのは超危険では!(シャワーが超危険)

■上記はオトナの女子の約4割以上の人が悩んでいる【ちょび漏れ】の問題ですが、9年前に、トルマリンセンターテープ付きララムーンを多数の女性に使って頂き、大好評!YouTubeでララムーン実験で確認してくださいね

ちょび漏れは白砂糖が大好きで筋肉が緩んだ結果です!