【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,700日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【体を悪くするやってはいけない食べ方 】望月理恵子管理栄養士
〜その食べ方、逆効果です!〜

第1章 健康に気をつけているつもりが逆効果!ーやってはいけない『食べ方』

14 朝食に和食は実はNG!洋食がお勧めしている理由とは(山本式食事法では朝食は国産の果物だけ!)

17 『食物繊維たっぷり』で、肌がボロボロに!ー野菜や豆類、海藻などをシッカリ食べること!

20 『肉より野菜から食べる』でビタミン不足に
22 油ものの控えすぎが、健康を害することもあるー油の中でもホルモンの原料となるコレステロールはある程度必要です!

25 心臓機能を高めるワインが、ガンリスクを上げる!ー飲み過ぎが危険!

33 貧血にはほうれん草はNG!?鉄分の吸収をジャマするシュウ酸の正体

36 ヨーグルトの浮気は体質改善につながらない
39 健康な人がグルテンフリーにすると、糖尿病を招きやすい!
44 とればいいってもんじゃない!食物繊維で便秘が悪化するケース

第2章 いつもの食べ方が、病気を招くーやってはいけない『食生活』

48 揚げ物をよく食べる人はウツになりやすい!

51 ガンが4倍以上!年代ごとの『肉の食べ方』でここまで差がつく
54 バーベキュー好きは、ガンになる確率が高くなる!
58 早食いは肥満だけでなく、口臭も出やすい!
60 そのランチでは、午後は眠くて仕事にならない
62 お昼に飲んだコーヒーが、睡眠障害を招く
64 高機能チョコレートの落とし穴。不眠を招くメカニズム!
67 温かい飲み物が体をひやす!?選ぶときはカフェインや糖分に注意
69 浮腫むからって、水分を制限すると、かえってむくむ!

第3章 効果がないダイエット、害になるダイエットーやってはいけない『ダイエット』

88 糖質制限を続けていたら、なんと体臭が!
91 ダイエットで糖尿病のリスクが上がる
94 ダイエットが認知症を招くって、ホント?
97 カロリーゼロで太る!血糖値のコントロールを乱す人工甘味料の罠!
103 食べる時間によって、脂肪のつき方が20倍も変わる!
106 ダイエット成功の秘訣は、野菜を朝食べるだけ!
110 果物は食べる時間によって脂肪がつきやすい
116 栄養不足が不眠を招く?ダイエットと眠りの浅からぬ関係
118 味覚障害の人が急増中。ダイエットがもたらす思わぬ事態
127 大皿料理が肥満を招く。そのもっともな理由とは?

第4章 その食べ方は、見た目も体も老けるーやってはいけない『アンチエイジング』

132 よく噛まないで食べる人は、老化が早い!
136 お惣菜やお弁当を電子レンジでチン!できあがるのは“老ける物資”だった!
139 女子に人気のパンケーキやフレンチトーストが女子力を下げる!
150 運動後のビール一杯が、せっかくの運動効果を台無しにする
156 クレソン、パセリ、シソ・・きれいな人は付け合わせ野菜を残さない

第5章 病気も健康もキッチンで作られるーやってはいけない『調理法』

160 つい捨てがちな、ネギの青い部分にガン予防があった!
163 野菜クズを捨てている人は、9割の栄養を捨てている
171 オクラは茹でない!『生で細かく刻む』が正解だった
178 健康志向の薄味が、食中毒の温床だった
180 卵かけご飯はもうNG!知っておきたい『生卵』の危険性
182 脂肪、糖分、塩分のトリプルパンチ?鍋料理は実はヘルシーではない!
184 野菜は小が大を兼ねる!元気な人はミニトマトを選んでいる!

■上記は管理栄養士の望月理恵子さんが書かれて1000円の本ですが、健康のために、ダイエットのために食べている食べ物が逆効果になる多くのヒントが書かれています!

一部、山本式食事法との違いがありますが、毎日山本Facebook情報を読んで、自分自身の体で実験して確かめましょう!

【1か月で血液いがキレイにする健康法】の解説1,699日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【最強の野菜スープ 】前田 浩教授
〜抗がん剤の世界的権威が直伝!〜

•がん予防には野菜スープが一番!
•サラダよりスープのほうが100倍強力!
•野菜スープは猛毒の活性酸素を消去する物質の宝庫!

第1章 簡単!万能『野菜スープ』の作り方と保存法

第2章 がん予防には野菜スープが一番!副作用軽減!

34 『がん予防には野菜スープを食べるのが一番』と断言できる!
•本業は副作用のない抗がん剤の研究ー植物はなぜがんにならないのか!
•野菜を食べる人ほどがんにならない!

46 野菜スープを食べればがんの成長を抑え寿命を延ばすことも可能!

48 野菜スープは抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減する!

50 野菜スープはがんの治療後の体力回復や再発の予防にお勧め!
•余命宣告された人が野菜スープで延命した例がある

第3章 野菜は老化や病気の元狂『活性酸素』を消す妙薬

65 活性酸素の害を消去するのに有効なのは野菜の摂取しかない!
•脂質ラジカルの活性酸素が最強のがんの元狂だ!

68 野菜に含まれる活性酸素を消去する『抗酸化物質』

•抗酸化物質① ファイトケミカルー野菜や果物の色素や香り、アクの成分が体に作用する!
•抗酸化物質② ビタミンA・C・Eー抗酸化ビタミンのエースだ!
•抗酸化物質③ グルタチオンー猛毒の脂質ラジカルを消去する!パセリやブロッコリー、ほうれん草、ピーマン、カリフラワー、ジャガイモ他

第4章 野菜スープで病気知らずの体になる、若返る

82 野菜スープで多くの生活習慣病が改善!アンチエイジングにも効果大!

•白内障やアトピーの改善、高血圧、糖尿病、脂肪肝、メタボ、骨粗鬆症他

86 野菜スープで老人斑が薄くなった!視力も衰えず白内障も進行しない!

93 治療可能性3割のがんを克服した私の体が欲する『作りおき野菜スープ』

第5章 野菜スープは体の毒消し!

104 油っこい料理や肉料理のときは野菜スープを!
107 感染症や炎症の悪化を防ぎたいときは野菜スープを!
108 激しいスポーツや屋外でのスポーツ時には野菜スープを!

123 がんや動脈硬化予防には『豆の四天王』ー小豆•黒豆•緑豆•大豆(煮たもの)

124 がんや骨粗鬆症を防ぐ『きのこ類』

第6章 効果を高める野菜の上手な活用法

112 野菜は露地物を選び新鮮なうちに使う
113 緑の濃い野菜ほど抗酸化力が強い
114 キャベツや白菜の外葉は抗酸化が強い
115 根菜は根だけではなく葉も利用しよう
116 トマトを食べる人は前立腺がんが少ない

第7章 運動は薬!抗がん剤や降圧剤に劣らない!

134 がんの『真理』を明らかにした世界的研究とがんを予防する野菜スープ!

■上記は抗がん剤の研究でノーベル賞候補者にも名が挙がる世界的権威の前田浩先生が書かれた文章ですが、野菜は国産の野菜で露地栽培で、旬の野菜を出来るだけ丸ごと食べることでガン予防になります‼️生野菜と今日からタップリとスープにしてガン予防しましょう

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,698日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【寿命を延ばす食事、縮める食事!】白澤卓二医学博士
〜最新医学でわかった食の常識!〜

•健康で長生きしたいなら、その食事を変えなさい!
•糖尿病は、コーヒーがリスクを下げるが、フルーツジュースは危険!
•心臓病は、青魚、クルミで血管が若返るが、トランス脂肪酸、燐酸塩は2大悪!
•認知症は、オリーブオイルが予防に有効だが、ワンパターンの食事は危ない!
•ガンは、肉はビールに漬けると発ガン物質減るが、加工肉は喫煙並みに高リスクだ!

Part 1寿命を延ばす食事、縮める食事

16 サケ、サバ、イワシなどの魚で心臓病、脳卒中、うつ病、アルツハイマーも防ぐ!
18 毎日の果物が心臓発作や脳卒中を防ぐ!ただし、フルーツジュースは果汁100%でもダメ!
26 毎日ベーコンたった2枚でもNG!加工肉で大腸ガンの危険が高まる!
28 揚げる、焼く、炒める 120℃の高温加熱調理が老化を加速させる
30 スナック菓子、インスタント食品などのジャンクフードで認知症に!
34 中年世代はタンパク質を摂りすぎると早死にの危険あり!
36 中華麺や惣菜弁当の食品添加物のリン酸塩の摂りすぎで血管がボロボロに!
38 国立がん研究センターによると、日本人のがんを防ぐ食事、危険な食事は、

Part 2 知らなかった!これが食の新常識!

44 ほうれん草の鉄分は65年前に比べて85%減少!野菜の栄養は極端に減っている!
48 『正しい塩』を選べば減塩はいらない!高血圧予防の新常識!

Part 3 本当は食べないほうがいい“あの部分”

54 マグロやカジキの赤身
56 ホタテのウロと卵巣・精巣
58 ホルモン焼きのコゲ
59 フライや天ぷらの衣
60 食べずにおきたい「この部分”
62 捨てずに食べたほうがいい“この部分”

Part 4今日から実践!長生きできる食習慣10

66 病気と老化の元狂・終末糖化産物AGE レスの食生活をめざす!
70 ローファット(低脂肪)よりもローカーボ(低糖化)1日のうち一食は主食を抜く!
71 主食の15分前に食物繊維が豊富なものを摂る!
73 肥満やメタボ対策なら食前、血糖値対策なら食後の運動が正解、
75 電子レンジでの加熱は控えること!
78 薬と食べ物の危険な組み合わせ
80 健康食品・サプリメントの落とし穴

Part 5 長寿遺伝子をONにする食べ方ー将来の病気のリスクは6つに『老化タイプ』で異なります!

84 血管の老化タイプ 86脳の老化タイプ 88 骨の老化タイプ 90 筋肉の老化タイプ 92 心の老化タイプ 94 免疫の老化タイプ

電子レンジ調理で老化が加速すると!
正しい塩を摂ることが寿命を延ばすと!

■上記は白澤卓二先生が書かれた文章で、先生は卵は一日3個までOKと書かれているが、私は卵は週に2〜3個以上はお勧めしていません!

白澤卓二先生が書かれた多くの情報が寿命を延ばす食生活ですので880円は安い本ですね!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,697日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【減塩するとダイエットは難しい!】
〜減塩すると筋肉が動けないのでダイエットは難しい〜

■減塩すると『筋肉が動けない』ので、脂肪は燃焼しない!(脂肪に有害物質や重金属が溜まっているが、有害物質があると脂肪は中々燃焼できない)

■減塩すると筋肉が動けないので、『リンパの詰まり』が流せない!(リンパの詰まりがガンや認知症他の多くの病気の原因)

■減塩すると筋肉を動かす『酵素が動けない』ので、ダイエットは難しい!

■ダイエットする時は筋肉を動かすための酵素に『ミネラルが必要』なので、ミネラルが68種類以上入っている自然塩が必要です!(心と体にしみる塩)

■有害物質や老廃物はリンパで排泄・排毒・デトックスするが、減塩すると、『有害物質や老廃物が蓄積』されてガンや認知症などの多くの病気になる!

■免疫力の世界的権威の安保徹先生は『免疫力の60%以上は腸内細菌がコントロールしている』と書かれていますから、減塩すると腸内細菌の悪玉菌が多くなり、免疫力が低下してガンや認知症や心の病などのあらゆる病気が増え続けている事実があります!(減塩すると悪玉菌が殺せない)

■心身の健康は免疫力を高めることですが、【腸内細菌が免疫力をコントロールしている】以上、腸内細菌のバランスを整えることが重要で、脂肪を燃焼させるための酵素を作りなさいと指令するのが腸内細菌では!(酵素の約60%は腸内細菌が作っている)

※腸内を冷やさないことがダイエットやガンや認知症を予防する秘訣です!

※腸内を汚さないことがダイエットやガンや認知症を予防する秘訣です!

減塩するからガンや認知症や心の病になり、更にダイエットは難しいのです!(満月の海水を汲み上げて、一切煮詰めないで、太陽と風だけでお塩を作り、お塩ができても売らないで、3〜6ヶ月間山積みにしてニガリを少し捨てている自然塩を買いましょう)

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,696日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【甘いもの中毒 】宗田哲男マタニティクリニック院長
〜あなたは砂糖中毒?ごはん中毒?〜

•私たちを蝕む【マイルド・ドラック】の正体!
•ごはん一杯(150g)は、角砂糖14個分の糖質!

プロローグ
17 赤ちゃんは『甘いもの』が大嫌い!
18 糖質ゼロでも卵はヒナになる
24 妊婦さんと赤ちゃんの協力で世界初の学術論文

第1章 ヒトは、なぜ『甘いもの中毒』になるのか?

31 砂糖中毒は『経済中毒』で蔓延した
38 肥満患者はウソをつく!ー肥満の人はごはんやパンは太らない、脂っこいものは太ると思っている!
40 食べ過ぎではなく、ヒトは『糖質過多』で太るー栄養士は炭水化物は6割、脂質は2割、タンパク質は2割と指導してきた!
42 炭水化物=糖質食物繊維
44 運動すれば大丈夫という『誤解』ー毎日1時間、1ヶ月間以上走って1kgの体脂肪が減らせるが!毎日走れない!
47 炭酸飲料2リットルで血糖値500に!ー冷やして飲むと飲めるが、常温で飲んでみましょう!ペットボトル症候群になる合法麻薬だ!
49 巨大企業による『甘い誘惑』ー清涼飲料水の甘味料【コーンシロップ】は遺伝子組み換えトウモロコシが原料だ!(ビールの約95%の種類にコーンシロップが!)
56 イライラ、不安、妄想という禁断症状

第2章 『糖質過多』はこんなに怖い!

86 動物園のサルは甘すぎるバナナのせいで病院になる
87 老化の元狂は、糖質過多による『糖化』と『酸化』
89 なぜ、糖尿病は50年で50倍に増えたのか?
95 カロリー制限の無効性を暴露した『久山町研究』
108 インスリン注射が膵臓をダメにする
110 今日の糖尿病治療では合併症は防げない!
•透析患者さんは現在325,000人、週に3回の透析で一回の個人負担は11,000円、保険負担は毎月約490,000円で、一生透析し続ける!

119 糖質制限は危険な『血糖値スパイク』を確実に抑える!

第3章 間違いだらけの『糖質制限』批判

124 医師の半数以上が糖質制限を『支持』している
131 なぜか無視される医学・栄養学の『国際基準』
134 炭水化物は日本人の平均摂取量の半分が『適量』
136 カロリー制限には何の根拠もない
140 コレステロール値は高い人が長生き
158 なぜ、こんなにも人工透析が増え続けるのか?

第4章 糖質制限に世界は動いている

第5章 さあ、『糖質制限』を始めよう!
238 ごはんを『3分の1』にするだけでも効果あり!
240 食べてよいもの、食べてはいけないもの!
247 『ストレス』が大敵。少量なら何でもオーケー!

※子どもの多動性障害や大人のうつ病も糖質過多では?

■上記は宗田哲男医師が書かれて文章ですが、山本式健康法では、運動選手以外は炭水化物(お米)は一日一回でいいと言い続けてきました

ガンや認知症などの食源病を予防するには、【一日の糖質の量が一番の問題】だと言い続けてきました

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,695日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【塩素入り死んだ水はガン・認知症の原因では?】

※世界一大量の塩素入り水道水は危険では?

※世界一大量の塩素入りシャワーは危険では?(一番先に変えて!デリケートゾーンから塩素が経皮吸収する!)

※ペットボトルやボトルウオーターは死んだ水では?

※電気を使って作られた水は、電気をおびているから電磁波は?(人類の歴史で飲んだことがない!)

※磁気を帯びた水は、血液中の鉄分を体外に出すので貧血がひどくなるのでは?

※水を飲む、水を使う時の条件、理想的な水は【湧き水】理論で作られた活きた水を選びましょう!(ペットボトル・ボトルウオーターの水は死んだ水)

※水を飲む、水を飲み、水を使う時は【発酵を促す水】【リンパの流れがよくなる水】を選びましょう!

【水は一瞬で良い情報も悪い情報も60兆個の細胞に届けます!】

※肯定的な心・感情は一瞬で60兆個の細胞に喜びや楽しさを届けます!(24時間60兆個の細胞を喜ばす生き方が健康への道です!)

※否定的な心・感情は一瞬で60兆個の細胞を破壊します!

※どんなに良い水・高い水を飲んでも、否定的感情が心に起きた瞬間に良い水は一瞬で破壊されます!

※約35年間、水の研究をしてきたが、過去水に、浄水器にお金をかけるのは無駄になると言い続けてきました!(否定的感情の人にはムダ!)

※江本勝先生が【水からの伝言】という写真集を出版された時に、私は水に浄水器にお金をかけるのは無駄だと確信しました!

【水を仕事として扱う時は、浄水器を扱う時は水の特徴を説明している会社が本物の会社かも】

水を飲むとき、お料理で使う時は塩素や鉛、アルミニウムなどを除去しましょう!

※塩素入り水道水はビタミンを破壊し、酵素も破壊しませんか?

※塩素入り水道水シャワーは髪の毛だけではなく、頭皮や顔や全身の皮膚から【経皮吸収】される大変危険な水だとわかりますか?

※過去35年近くシャワーは大変危険だからシャワーは使わないように言い続けてきました!

※蛇口にもシャワーヘッドにも【活きた水】に変えましょう!(蛇口につける浄水器もシャワーヘッドも超安いガイアの水はお勧めです)

キッズの紹介で購入すると、児童養護施設の子ども達への支援にさせて頂きます!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,694日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【薬害は体温アップとリンパデトックスで解消を!】
〜減塩するから低体温になり有害物質がリンパに溜まる〜

■世界の人口の『2%の日本人』が、世界の薬の『40%を飲んでガンや認知症が世界一多い』事実!

■薬はリスクとして、腸内細菌の善玉菌を殺して、免疫力を低下させてガンや認知症になっている!

■リンパの60%をコントロールしているのが、腸内細菌ですから(安保徹先生の言葉)、【全身のリンパの流れが止まって】ガンや認知症になっている!

■薬を解毒させる場所が肝臓・腎臓ですから、薬が大好きな人は、必ず肝臓・腎臓が悪くなる!

■薬は腎臓に大きな負担になり、腎臓機能が低下して、汚れた体液をキレイにできず、更にリンパの流れが止まります!(全身にキレイな水を届けられない)

■リンパの流れは、全身の筋肉を動かして有害物質・老廃物を解毒・排泄・排毒・デトックスしますが、【減塩すると筋肉が動けない】ので、有害物質・老廃物が体内に蓄積されてガンが増える!

■薬害を解消するには……ガンや認知症の予防です!

※筋肉を動かして有害物質・老廃物をデトックスするには、悪さをしない【心と体にしみる塩】が必要です!(お塩が体温アップ)

※筋肉は酵素が動かしますから、一日4回は食物酵素を摂取しましょう!(酵素が体温アップ)

※筋肉を動かすのは酵素ですが、【酵素はミネラルがなければ動かない】のでミネラルが68種類以上入っている【心と体にしみる塩】の活用は重要なポイントです!

※階段歩きを心がけて、下半身の筋肉をつけて、全身のリンパの流れを良くしましょう!(筋肉が体温アップ)

■最重要な5カ所のリンパの詰まっている場所を、【自分自身で毎日詰まりを流すこと】がガンや認知症を予防します!