【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,516日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【運動する時スポーツドリンクを飲んではいけない!】清水泰行医師著

表紙・パフォーマンスを上げる『糖質制限』食事法

1章 メタボドクターがマラソンを走れるようになった『本当の糖質制限』の威力

・医者なのに中性脂肪が400以上

・ゆるめの糖質制限だけでも体重が8キロ減!

・43歳でフルマラソンに挑戦

・私が実践している糖質制限食 31頁

2章 『スポーツには糖質が必要』という考えは古い!

・人間のメインエネルギーはブドウ糖ではない!?

・カーボローデイングはなぜ危険なのか? 45頁

  • スポーツドリンクは危険!危険性を自分で実験してみた!

・スポーツ時や猛暑の時の水分補給は何がいい…少量の塩を溶かしただけの水分を補給する!

・糖質制限で筋肉が減るというのも間違い!

・脂ではなく、糖質があなたを太らせている!

・プロテニスのジョコビッチ選手も小麦抜きで快進撃!

3章 疲れとケガ知らずの体になる!最大限のパフォーマンスを手に入れる『糖質制限』食事術

・こうすれば『ケトン体質』になれる『実践編』 75頁

・糖質制限でなくカロリー制限するから体調が悪くなる

・プロテインの効果的なとりかた…山本式は国産大豆丸ごとのプロテインをお勧めします!味がついたプロテインは大豆油を摂取した残りカスでは!

・脂質の摂取量の目安…山本式は動物性脂肪は減らしてオメガ3の良質な油を推薦、サラダ油やトランス脂肪酸は最悪!

・食塩に含まれるナトリウムは、糖質制限では?

  • 腸内細菌のために食物繊維はたっぷりとる!

4章 『ケトン体質』になればパフォーマンスが上がる!健康になれる!

5章 糖質が不調や大病の原因だ!

・『昼食後の眠気は当たり前』ではない! 166頁

・甘い物をとると元気になるというまやかし!

・糖質がたくさんの病気の黒幕だ!

6章 日本の栄養学はウソだらけ!

  • 3大栄養素はウソ! 182頁

・脂質とコレステロールが悪者というウソ!

・『脳のエネルギーはブドウ糖だけ』というウソ!

  • 栄養バランスに科学的根拠はなし! 195頁参照

■上記は清水泰行医師の書かれた文章ですが、スポーツドリンクの危険性を知って頂きたいのと、猛暑の下で半日は農作業をしている私は、ガイアの水にミネラルが68種類以上入っている天日海塩を入れて飲んでいます!

※但し、自然塩にはニガリを足して煮詰めて作っている危険な自然塩があるので、自然塩の選び方が大変重要ですね!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説 1,515回目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説 1,515回目の遺言

◼【ガンはストレスが最後の引き金!】

〜2,000人以上のガン患者さんの声〜

◼3人に2人がガンになる時代、ガンはストレスが最後の引き金だったと2,000人以上のガン患者さんの個人相談を受けてわかった!

◼ガンは食生活の間違いや運動不足が原因ですが、最後の引き金はストレスです!

◼ガンは【甘い物が大好きでアルコールが大好きでタバコが大好きな人】がガンになる可能性が滅茶苦茶高いです!

◼ガン細胞が増える時に必要な餌が【白砂糖類とアルコール、炭水化物、果物、ジャガイモ・サツマイモ・カボチャ】が糖質となり、ガン細胞を増やす餌になるので、上記の一日の糖質の量が問題です!

◼ガン細胞が増えるのは動物性食品(卵・お肉・乳製品)が大好きな人です!

◼ガン細胞が増えるのは酸化した食べ物が大好きな人です!

※ポテトチップス・フライドポテト、インスタントラーメン他が30分以上前に揚げた揚げ物がガン細胞を増やします!

◼ガン細胞が増えるのは【食品添加物一杯の食べ物・飲み物が大好きな人】です!

※コンビニ弁当、インスタントラーメン等々が大好きな人!

✳そして、最後の引き金はストレスです!

※ご主人が外で女遊びをして悩み苦しむ女性は子宮ガン・子宮頸がん、乳ガンになりやすい!

※上記の女性だけの病気(乳ガン・子宮ガン他)の原因は、ご主人の女遊び、今独身、女を否定して生きている女性、生まれ変わったら男に生まれたいと言い続けている女性、イツモ男の格好をしている女性、セッ◯スを否定している女性等々がガンになりやすい女性の原因のです!(身体は心に支配されている事実!)

◼ガンは最後の引き金がストレスで、例えば右側の乳ガンの女性は5年くらい前に家族に大きなストレスがあった女性、左側に乳ガンが見つかった女性は、5年くらい前に仕事で大きな悩み苦しみがあった女性では!(80%はあっていると思います!)

10年間で2000人以上のガン患者さん、特に乳ガン子宮ガンの患者さんと会ってわかりました!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,514日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【激しい運動➕暴飲暴食は短命】

■激しい運動や、暴飲暴食は『体内酵素』を一気に使い命を縮めます!

■生命の源である【酵素】は、誰もが体内では『一生に同じ量しか作られない』ので、激しい運動をすると、体内酵素を一気に大量に使い切ります!

■生命の源である【酵素】は、食べ物・飲み物を消化・吸収・分解する時に使う【酵素】は生涯で作る量は限られているので、暴飲暴食は命を縮めます!

■生命の源である【酵素】は……消化・吸収・分解・代謝・解毒・排泄・排毒のすべてに関わっています!

※体内で作られる酵素の量は誰もが同じ量しか作られない以上、体内酵素を出来るだけ使わない食べ方、飲み方、生き方(特にストレスは大量の酵素を奪う)をしませんか?

※体内酵素を補うためには、毎食ごとの、食べ物から酵素を補う食べ方をお勧めしてきました!

①朝は、国産の果物をタップリ頂いて酵素を補う!

②昼は、生野菜をタップリ頂いて酵素を補う!

③夜は、黒豆納豆に玉ねぎをみじん切りに、鰹節をタップリ、生味噌をかけてタップリ酵素を補う!

※晩ご飯時には、生味噌をティースプーン一杯食べて酵素を補う!

✳寝る1時間前には・・・

イ)無調整豆乳1,000ccに米麹500gにガイアの水135を300cc入れて、炊飯器で6時間ほどで作った豆乳甘酒を100cc➕ミネラルが世界一多い心と体にしみる塩をまぜて食べましょう!

ロ)日本蜜蜂の蜂蜜をティースプーン一杯

ハ)蜜蜂が集めてきた花粉(ポーレン)をティースプーン一杯

二)5種類の酵素が生きている『スリムエンザイムプラス』を一袋(YouTubeで糖質分解実験をご覧ください)

■生命の源である酵素は、ミネラルがなければ動けないし、発酵を促す水、酵素を活性化する水が必須です!

✳激しい運動をすると、大量の汗と一緒に大量の塩が吹き出ますので、塩がなくなれば、筋肉が動けないので、【水と塩】を選ぶ基準は命に深く関わります!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,513日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【がん『免疫療法』はインチキだ!】週刊現代

〜医師たちが告発!医療ジャーナリスト片田直久

■藁をもすがる患者から数百万円の治療費を取る!

※小林麻央が頼った免疫療法にも『治療停止命令』が出た!

※【水を買え】という医者!

■血液内の免疫細胞を活性化して、体内に戻す免疫療法

※採血→免疫細胞活性化→体内に戻す治療を2週間ごとに数回繰り返す

※一回にかかる費用は25万円ほど、通常は6回(150万円)ほど繰り返すが、10回(250万円)ほどの人もいる!

※免疫療法も抗がん剤治療も効くか効かないかは同列だ!

■免疫療法では有名な『オプシーボ(一般名ニボルマブ)は発売当時の治療に高額な薬剤費(年間3,500万円)で話題になった!

■免疫細胞療法には、がんペプチドワクチン、樹状細胞ワクチン、キメラ抗原受容体(CAR)、遺伝子導入T細胞輸注療法があるが、これらはすべて、現時点で安全性や有効が確認されていない!

※上記の免疫細胞療法は、一切保険診療として認められていないので、一通りの治療を受けると200万円〜300万円、中には1000万円以上かかるケースもある!

■日本臨床腫瘍学会が『がん免疫療法ガイドライン』を作成したが、主要ながん18種類の内、推薦できる免疫療法は肺がん、血液のがん、腎細胞がんなど6種類だけ!

■あまりの悪質さに厚労省も動き始めた!

※高濃度水素風呂に何十回も入らせる温熱免疫療法の東京都渋谷区の首藤クリニックに小林麻央さんも通ったが・・・治療停止命令が出た!(一回の水素水治療は25,000円程度、それを数十回も)

■がん先端治療代表理事の吉川佳秀氏は、まったく医学的な根拠がない治療方が『高濃度水素風呂』だと!

■上記は、今週発売された週刊現代に、医療ジャーナリスト片田直久さんが書かれた情報ですが、世の中には多くのがん治療法がありますが、【1か月で血液をキレイにする健康法】➕【球体健康法】の実践で書いていますが、日本人には日本人にあった健康法でがんを予防しませんか?

※日本人の健康法は神棚の上【水・玄米・塩】にあった!

※山本敏幸式健康法の基本は、リンパの流れを自分自身で毎日ケアすること、リンパの流れを良くして有害物質をデトックスすること、リンパの流れを良くするのは筋肉、筋肉を動かすには減塩しては不可能、筋肉を動かすのは酵素、酵素はミネラルがなければ動けませんので、世界一ミネラルが多い天日海塩の活用、リンパの流れを良くする水の活用をお勧めしております!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,512日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【果物を食べるタイミングが重要です!】

※胃腸に何もない時にだけ食べること!

◼まさか、バナナやマンゴー・パイナップル・オレンジ・グレープフルーツを食べていませんね!

◼まさか、『食後』に果物を食べていませんね!

◼まさか、果物を10時や15時に食べていませんね!

◼まさか、スムージーを作る時にバナナやマンゴー・オレンジ・グレープフルーツ・パイナップルを入れていませんね!

※輸入果物には収穫後、防腐剤や防虫剤を大量にかけている!(日本の農業・農作物を守るために)

◼果物は食べるタイミングが大変重要です!

◼実験してみましょう➡食後にどんな果物でも良いのでいつもの2倍食べてみましょう!

◼例えば、イチゴ狩りに行った時に、イチゴお腹一杯食べた時に、ゲップが出たり、やたらガスが出ませんでしたか?

次の日のウンチは臭くなかったですか?

◼果物を食後に食べると、動物性タンパク質や炭水化物を酸化・腐敗しやすいのです!

◼私は、果物を食べる時は【一日で一回しか食べるタイミング】がないと言い続けております!

◼目が覚めてトイレに行ったら、直ぐに日本で採れる旬(路地栽培が理想)の果物を食べましょう!(一日一回このタイミングしか食べるタイミングはありません)

◼ハウス栽培の果物は、栄養が路地栽培よりも不足しているし、価格高いので【果物は日本で採れる路地栽培の果物が理想】です!

⚫果物を食べるタイミングは目が覚めてすぐに果物を食べて【20分後にご飯】を食べましょう!(私は、朝は果物を食べて20分後に豆乳を飲んで終わりです!)

20分後には胃腸の中が何もなくなって動物性タンパク質や炭水化物を酸化・腐敗させることがありません!

✳ 果物は食べるタイミングがあることを知りたい人は、松田麻美子先生の本を読んで、自分自身で食後に多めの果物を食べて実験して見ましょう!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,510日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【まさか、熱中症対策に水分を飲んでいませんね!】
〜水と水分(スポーツドリンクなど)は違います〜

『熱中症対策に水分を補給しましょう』といわれて、スポーツドリンクや炭酸飲料・缶コーヒー・お茶・ジュース・甘い飲み物・アルコールを飲むと何が起きるのか?

※特に、カフェインが入っている飲み物は体内の水分を奪う!?(更に脱水症状になる)

※特に、アルコールは体内の水分を奪う!(更に脱水症状になる)

※炭酸飲料は体内の酸素を奪う!?(甘い炭酸飲料は最悪!)

※スポーツドリンクを飲むと、大量の糖分が入り、アドレナリンが出るし、全身の筋肉がゆるみますが!

※白砂糖一杯の飲み物は、低血糖状態を作り、アドレナリンが大量に出て、怒りっぽくなり、集中力がなくなり、全身の細胞がゆるむので、足がツルし、全身の細胞がゆるむので、有害物質を解毒・排泄・排毒できなくなる最悪の飲み物では?!

暑い毎日が続いていると、体内から水と一緒に【塩】が吹き出るので熱中症になるのでは?

サッカー選手が後半に足がツルのは、汗と一緒に塩が排泄されて、塩が体内に不足すると全身の筋肉が動けません!

減塩しても同じことが体内でおきることが理解できますか?

白砂糖減塩=全身の細胞がゆるみ、全身の筋肉が動けなくなる事実!

白砂糖減塩上記の水分補給=【最悪の熱中症対策】だとわかります!

白砂糖減塩上記の水分補給ミネラル不足食物酵素不足食物繊維不足ストレスからの酸素不足日光不足=すべての食源病(生活習慣病)の原因です!

熱中症対策には、活きた水・発酵を促す水・リンパの流れを良くする水・細胞に直接入る水・テラヘルスエネルギー水・細胞を活性化する水・脳細胞を活性化する水に減塩しなくても良い【心と体にしみる塩】を入れて飲みませんか?

※スポーツ選手は500㏄に2g程度入れて飲みましょう!
※熱中症対策には減塩しなくても良い塩が必須です!

ジョコビッチ選手&山本敏幸式水・水分の違いの考え方は一緒でした!

 

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,509日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【話題のダイエットを格付けしたら・・・】岡田正彦著 重要!
〜科学的にやせ方の最新知識〜

表紙
・世界中の医学論文で精査したらこうなった!?

第1章 ヒトはなぜ太るのか?
1. 太りやすい体質、やせにくい体質…食べるエネルギーの量と、体を動かすために消費するエネルギー量と引き算で決まる!カロリー計算はほとんど役に立たない!
2. 何を食べると太るのか…カロリーがあるのは三大栄養素(タンパク質・炭水化物・脂肪)だけ。
3. 太る最大の原因は炭水化物だ!
4. 肥満と糖尿病の原因はブドウ糖

第2章 低炭水化物ダイエットをどう格付けするか

1. 低炭水化物ダイエットを推奨する人たち
2. 炭水化物を減らすとどうなるのか…炭水化物を減らして、その分のカロリー不足を脂肪とタンパク質で補うのは極めて危険だ!
3. 低炭水化物ダイエットで病気も治るというが…低炭水化物ダイエットが糖尿病の治療に有効であることを示す確固たる証拠は、今の所存在しない!
4. 低炭水化物ダイエットを格付けする…53頁参照 短期間の実施に限って許される!
5. 低炭水化物ダイエットを長期間続けると『総脂肪』が1.3倍も高くなる事実が証明された!

低炭水化物ダイエットの格付けは…3点(10点満点中 )理由は60頁参照

第3章 巷で噂のダイエット法を格付けしたら・・・
・バナナダイエット…7点
・ヨーグルトダイエット…6点
・納豆ダイエット…6点
・プロテインダイエット…2点
・酵素ダイエット…1点
・こんにゃくダイエット…5点
・水飲みダイエット…1点
・小麦抜き(グルテンフリー)ダイエット…1点
・プチ朝食抜きダイエット…1点
・レコーディングダイエット…7点
・ロングブレスダイエット…6点
・骨盤ダイエット…2点
・ふくらはぎダイエット…1点
・耳つぼ(つぼ押し)ダイエット…2点
・脂肪もみエステ…1点
•その他のダイエットをまとめて格付け
・ライザップ…2点

最終章 私が勧める科学的に正しいダイエット
1. ダイエットのための運動
2. ダイエットのための食品選び…219頁から参照

■上記は岡田正彦先生が書かれた文章ですが、山本の【1か月で血液をキレイにする健康法】理論は、別紙の写真にありますが【1か月ダイエット革命(食事法】というダイエット理論でした!

日本人には日本人の腸内細菌にあったダイエット法があった!

※徹底的に、毎日の食べ物・飲み物を紙に書き出し、徹底的に体脂肪管理と体重管理と体温管理をするダイエット法で、ダイエットできない多くの人は甘い物がやめられない事実があり、脳を満足させてダイエットする理論が実験・実行・実証・実践して確率しました!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,508日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【ガンは地球のリズムに逆らった結果です!】
〜大自然のリズムに合わせて生きよう〜

波は1分間に18回リズム良く打ち寄せている!

※健康な人は1分間に18回リズム良く呼吸しています!
※ガンや認知症などの食源病(生活習慣病)になった人は必ず呼吸が浅い人だった!
※ガン細胞は酸素不足の時に爆発的に増える事実!

ガン細胞が爆発的に増える時は……酸素不足白砂糖炭水化物や糖になる食べ物過剰アルコールタバコ死んだ水・腐敗させる水を飲んでいる減塩シャワーでの毎日の生活の人はガンの道!

182=36は……体温です!

※35度台になると一気にガン細胞が増える事実!
※1〜2ヶ月で一気に35度台の低体温が36度台にアップさせる【一日99円健康法】はがん予防・治す時に必須です!

※ララ◯ーンはマイナスイオンが一気に体温アップさせる!(私自身が8年間の実験・実行・実証・実践して現在36・8度の体温です)

362=72は……1分間の心拍数と最低血圧です!

※ストレスを感じると一瞬で呼吸が浅くなって心拍数がアップする事実!

722=144は……最高血圧です!

※ストレスを感じると一瞬で血圧が高くなる事実!

1442=288は……10月10日の生命の誕生(お母さんの胎内にいる日数)

大自然の法則・宇宙の法則の基本は地球のリズムに合わせて生きることが基本です!

がん予防は、毎日の生活習慣の間違いですが、がん細胞を爆発的に増やす時のエサが糖質ですから、私は糖質を食べ過ぎたら必ず【スリムエンザイムプラス】を一袋飲んで一気に分解してがん予防をしていますよ!

YouTubeで【糖質分解実験】をご覧くださいね!あなたの飲んでいる酵素サプリと比べてくださいね!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,507日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【舌をみれば病気がわかる 】幸井俊高著 超重要!
〜舌はからだの鏡〜

表紙
・毎日一回、舌を観察するだけで隠れた不調、病気のサインを素早くチエック!

序章 舌はからだの鏡です!
・舌と内臓の関係
・舌は変化する
・舌をみて未病を知る

第1章 舌の状態でわかる心配な病気
※舌をみるときに注意すること
・色をみる
・状態・形・大きさをみる
・表面・裏をみる
・舌苔の色をみる
・舌苔の状態をみる
・舌の動きをみる
・感覚・味覚をチエック

第2章 病気別にみる舌の症状
※気になる病気と、舌との関係を知る
・糖尿病…舌が赤く、舌苔が黄色っぽい。体内が乾燥するので舌も乾きます!
・高血圧…舌が乾燥している。裏側の血管が怒張している。体内の潤いが失われていて血管の柔軟性がなくなり、舌は乾燥し、血管が浮き出ます!
・脂質異常症…黄色い舌苔がべったりと厚い。血中の中性脂肪・コレステロールが過剰です。重大な病気につながることもあるので要注意、
・うつ病…舌が白っぽい。舌苔がはがれている。生命エネルギーの不足が原因かもしれません。舌の色、舌苔の剥離に気をつけて!
・脳梗塞・脳出血…舌が赤く、はれぼったい。脳の血管に問題があるかもしれません。
・狭心症・心筋梗塞…紫色で、舌苔が分厚い。舌苔だけでなく、血管や斑点にも注意して!
・胃炎・胃潰瘍・十二指潰瘍…舌苔が奥のほうにだけある。舌苔が黒くて薄い場合も要注意!
・肝機能障害・肝炎…舌が薄くやせている。青っぽい色をしている。
・がん…舌に生気がなく、やわらかい。舌がふるえたり、曲がったりする場合も要注意!
・アトピー性皮膚炎…舌が割れて溝ができている。赤くなっている。乾燥タイプ、ジクジクタイプで舌の状態も変わる!
・不妊症…舌苔が湿っぽい。表面に光沢がある。冷え性か、栄養状態の悪さが考えられます。ストレスで舌が紫色になっているケースも!
・更年期障害…舌苔が乾燥し、黒い場合もある。のぼせ型、冷え性型、イライラ型など、タイプ別によって舌の状態が違います!
・老化…舌苔が乾燥している。舌が割れて、溝がある。
・冷え性、貧血…舌も舌苔も、白っぽい。血行が悪い、胃腸が弱いことが冷え性や貧血につながっている!

第3章 自分の体質・傾向を知るー代表的な『証』8種
※証とは、中医学では大事な概念です。体質、症状などをトータルでとらえ、治療の根幹となります。舌の特徴から判断しやすい、代表的な8の証を紹介します!
※気虚・陽虚・血虚・津虚・血瘀・痰飲・陰虚・内風

■上記は幸井俊高中医師の書かれた文章ですが、本には詳しい解説と写真、イラストが書かれているので、一家に一冊必要な本だと思います!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,506日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【リンパの淀み・詰まりがガンや認知症の原因です!】
〜死んだ水・減塩・ミネラル不足・酵素不足〜

■乳ガン・子宮ガンをはじめ殆どのガンの原因はリンパの淀み・詰まりが原因です!

□リンパの淀み・詰まりは、血液がドロドロだからです!(動物性食品白砂糖減塩)

□リンパの淀み・詰まりは、死んだ水を飲んでいるからです!(ペットボトルやウオーターサーバーの水は死んだ水です)

□リンパの淀み・詰まりは、ストレスからの酸素不足が原因です!(ストレスで呼吸が浅くなり酸素不足に)

□リンパの淀み・詰まりは、水素水の飲みすぎから酸素不足になった(水素は体内の酸素を奪うから飲み過ぎると体内の酸素が不足して、酸素がなくなった時に爆発的にガン細胞が増える)

□リンパの淀み・詰まりは、硬い筋肉を作ったからです!(お肉の動物性タンパク質は硬い筋肉、植物性タンパク質は柔らかな筋肉を作ります)

□リンパの淀み・詰まりは、顔を見ればわかります!(筋肉が緩んでいる)

□リンパの淀み・詰まりは、白砂糖一杯の食べ物・飲み物が原因です!

□リンパの淀み・詰まりは、動物性食品が大好きな人がリンパが詰まる原因です!

□リンパの淀み・詰まりは、酵素が足りないから(消化・吸収・分解・代謝・解毒・修復・排泄・排毒のすべて)

□リンパの淀み・詰まりは、減塩したから酵素を動かす塩が足りないからです!(減塩すると筋肉が動けないので、リンパの流れが止まります!

□リンパの淀み・詰まりは、酵素を動かすミネラルが足りないからです!(リンパの流れを良くするのは筋肉を動かすことですから、筋肉を動かす塩と活きた水とミネラルが必要です!)

■リンパの淀み・詰まりを良くするのは、酵素ですが、酵素は【腸内細菌が約60%】作っている!(主要な酵素5種類すべてが生きているスリムエンザイムプラスを私は毎日飲んで補っている)

■免疫学の世界的権威の安保徹先生は、【自立神経を左右しているのはリンパの流れ】だと言っている!

ガンや認知症などの生活習慣病・食源病の一番の原因はリンパの淀み・詰まりですから、毎日自分自身でデゾブルハンドを使い、リンパケアを家族中でしましょうね!