【1か月で血液がキレイになる健康法】の解説1,639日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【『おしっこ』が教える重病のサイン!】週刊ポスト
〜その異変は何を意味しているのか?〜

※自分の体の大切なことはすべて【尿】が教えてくれる!

■おしっこの出方でわかる…

•おしっこが出終わったと思ったら、また出始めるのは、尿道を塞ぐ筋肉が衰えてたこと!(筋肉が緩むのは甘い物・アルコールが大好きでは?山本)

•おしっこの勢いが弱く、長い時間チョロチョロと出る人は、前立腺肥大や前立腺ガンの疑いがある!

■おしっこの漏れ方でわかること…

•尿意を感じてトイレに行こうと立ち上がったら、うっかりチョロっと出てしまうのは、尿道を塞ぐ筋肉の衰えが原因!

•膀胱におしっこが溜まっているのにトイレに行きたくならない時は、尿意をキャッチし排尿を調節する大脳皮質などがダメージを受けている可能性がある!原因は脳梗塞や認知症かも!

■おしっこの頻度でわかること…

•尿は2〜3時間に一度、1日あたり8回程度が正常の範囲!

•尿は1日10回以上は頻尿!

•頻尿は認知症により大脳皮質に異変が起き、本来必要ではない排尿指令を膀胱に出す!

•頻尿は糖尿病により、水分を多く摂取するので頻尿になるかも!

•夜中に2回以上は夜間頻尿で、心筋梗塞や心不全など、心機能の低下だ!

•脳卒中になった人の30%の人は発症の3か月前から夜間頻尿だった!

■おしっこの泡立ちでわかること…

•おしっこの泡がなかなか消えなければ糖尿病や肝機能障害が疑うこと!

■おしっこの色でわかること…

•おしっこの色濃い黄色の尿は肝硬変や肝臓ガンかも!

•おしっこの色は肝機能が低下、尿が泡立ちやすくなり、黄色から茶色っぽい泡が立つ!

•おしっこの色がピンク色の尿は血液が混じっていることが多く、膀胱ガンの疑いが、ピンク色の尿は一回だけしか出ないので要注意!(一回だけなので、放置する人が多い)

•おしっこの色が白く濁った尿は、尿路結石、尿管結石や淋病の疑いがある!

•おしっこの色が青緑色の尿は、膀胱炎かも!

■おしっこでわかること…

•フルーツが腐ったような臭いは糖尿病かも!

•アンモニアのような鼻を突く強烈な臭いは膀胱炎かも!

■上記は週刊ポスト最新号の記事ですが、尿の管理・チエックは大変重要ですので、是非ともシエアして保存しておきましょう

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,638日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【ラブダイエット】エリカ・アンギャル著
〜スイーツなしで体と心を満たす美の教科書〜

•5秒ハグすれば、食べすぎない!性欲も食事、睡眠と同じくらい大切にして!
•人気栄養コンサルタントによる、ハグ、キス、メイクラブ…スキンシップでキレイになる方法

12 誰かを愛するために自分を犠牲にして、甘いものに逃げるのはやめましょう!

•最後に誰かにギュッと抱きしめられたのはいつですか?

•女性はいくつになっても愛情を与えられることが絶対に必要な生き物です!

•日本中の女性は、自己評価が信じられないほど低いので、不幸の人生のレシピだ!

•愛情が足りていない時に、有害だと分かっていても中毒性の高い、甘いものの食べ過ぎ、過剰な飲酒、過剰な喫煙、ギャンブル、麻薬で、心身の安定をはかる!

•愛情が満たされていると、ストレスが減りリラックスでき、内側から輝くパワー、バイタリティー、ハッピーなオーラが醸し出されます!

18 食欲を抑え、心を穏やかにしてくれるホルモンを味方につけましょう!

•女性を美しくするホルモンの一種オキシトシンがストレスを緩和し幸せな気分にしてくれる!

•オキシトシンは、別名、愛情ホルモン、幸せホルモン、絆ホルモン、信頼ホルモン、思いやりホルモン、癒しホルモンと呼ばれている!更に母と子の絆を深めるホルモンだった!

•虐待や育児放棄された赤ちゃんはオキシトシンのレベルが下がり、精神が不安定な子どもになる!

■オキシトシンホルモンのメンタル面

●ストレスホルモンである、コルチゾールのレベルを下げ、不安な気持ち、恐怖感を減らす! ●気分を落ち着かせる! ●うつ病を予防する! ●孤独感をなくす! ●社交的になる!

■オキシトシンホルモンのフィジカル面

•食欲を抑え適正体重をキープする! ●ホルモンバランスに良い影響を与える! ●よく眠れるようになる! ●更年期症状を緩和する! ●免疫力を高める! ●甲状腺機能を高める! ●消化を促進する! ●傷の回復を早める! ●慢性疲労を緩和する! ●血圧を下げる! ●痛みを和らげる!

23 肌と肌の触れ合いは、赤ちゃんには当然必要、大人になっても絶対必要!

•肌と肌とのスキンシップがない子どもは、成長ホルモンの分泌が少なく、成長に大きな影響を与えている!

•未熟児の実験でも、毎日10日間、1日3回、15分間のマッサージでマッサージされなかった子どもと比べて体重増加率が47%上回った!

•パートナーと手を繋いだりハグした人は、血圧が安定し、心拍数が安定してストレスホルモンのコルチゾールの上昇が穏やかになった!

27 ハグは相手を受け入れ、自分も受け入れてもらう精神安定剤!

•わずか20秒間のハグでも愛情ホルモンのオキシトシンが増加して、ストレスホルモンのコルチゾールが減少した!

•パートナーがいる人が長生きしている!

33 握手から始めるか、いきなりキスするか、国で異なるスキンシップの流儀!

38 恋人以外の異性と触れ合ってのはフオークダンスが最後、という人も多いのでは?
42 大人の女性には、浮気でも不倫でもない、異性の友人が必要です
48 結婚相手は肩書きではなく、匂いに惹かれる人を選んでみて
51 自分とは異なる遺伝子を持つ人に強く惹かれる理由
58 日本は、性の情報が街中に氾濫しているのに、なぜセックス観は古いままなのでしょうか?
62 日本人のセックス満足度が世界一低いのはハッキリ言えない国民性が原因?
65 世界は、日本の若者の草食化に驚愕しています
68 性欲はヘルシーボディの証。食事や睡眠と同じくらい大切に考えてください
73 男性はガソリン、女性はウオーター。体が盛り上がるまでの時間が違うのです
78 肌の潤いを大切にするあなたが、膣の潤いに無頓着なのはなぜ?
82 性的興奮はプチ整形よりも効果絶大
87 男性目線で作られたアダルトビデオを教科書にしてはダメ!
100 ベッドの中で女性をケアできる男性は、結婚相手にも向いています
103 3回ベッドインしてピンとこなければ、別れたほうがいいかもしれません
105 ダメ男と別れられないのは絆ホルモンの呪縛、偽りの愛情かもしれません
107 閉経後、さらに人生のお楽しみが始まります
141 食べ物に潜む3大オーガズムキラーに要注意
•①すべての砂糖類 ②精製された炭水化物 ③トランス脂肪酸加工食品

148 食生活での女性ホルモンコントロールをすぐに始めてください!

•大豆製品に含まれているイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをします!

•お豆腐や納豆、無調整豆乳、無調整豆乳と米麹発酵する水だけで作る豆乳甘酒から摂取しましょう!(山本式健康法)

151 色気不足、セックスレスは睡眠不足が原因かも
170 誰かから愛されることよりも、自分を愛することの方がずっと大切です
176 鈍感な女性から脱皮して、自分を愛する10の方法
184 結婚しない人生、子供を産まない人生ももちろんアリです
194 週に一度のデジタルデトックスで本来の自分を取り戻しましょう
197 ストレスはホルモン泥棒。知らず知らずに盗まれています
206 変化こそ人生の醍醐味。変わる自分をとことん楽しみましょう

■上記はエリカ・アンギャルさんが書かれた文章ですが、女性にとっても男性にとってもハグや肌の触れ合いが大変重要だとわかりますね! 男性の協力が大いに必要だと感じた本でした!

【1か月で血液をキレイになる健康法】の解説1,637日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【健康で長生きしたいなら、その食べ方は間違っている!】週刊現代
〜医師・栄養士が教える『食事の新常識』〜

◉納豆をアツアツのご飯と混ぜて食べると、納豆の酵素が働かなくなる!

•納豆の酵素は50度以上で活性が鈍くなり、70度でほぼ機能しない!
•納豆は、血液サラサラ、心筋梗塞や脳梗塞を予防する!
•納豆を食べる時は、常温の納豆を夜食べると、ナットウキナーゼは食べてから4〜8時間働く!
•納豆菌は、常温で増える!

◉味噌汁は、厚生労働省は一日3杯飲むと乳ガンリスクが40%低減すると発表!

•味噌汁のなかの乳酸菌は50度以上で徐々に弱り、酵母も70度以上を超えると全滅する!
•赤味噌は、メラノイジンという代謝を活性化する物資が含まれているので、朝食に食べるべき!
•煮た大豆を発酵させた白味噌は、興奮を抑えて穏やかにする『GABA』という神経伝達物質が含まれているので晩ご飯に食べるべき!

◉豆腐は、動脈硬化や認知症などの様々な病気の予防効果がある!

•豆腐は血液中のコレステロールを低下させる!
•豆腐には、疲労回復に効果があるビタミンB1が含まれるが、水に溶けやすいので、鍋での食べ方がよい!

◉ゴマは、すり胡麻にすると吸収しやすい!

•擦ったゴマは酸化しやすい!
•ゴマは活性酸素を取り除く!

◉ゴボウは、水にさらすと、糖尿病や脂肪の蓄積を予防する『クロロゲン酸』という物資が水に溶けやすい!

•ゴボウは、皮のまま食べるとよい!

◉ジャガイモは、風邪の予防や粘膜の維持に役立つビタミンCがたっぷり含まれているが、水から茹でるとビタミンCが有効に働く!(根菜類じゃ水から茹でる)

◉生姜や人参は皮ごとお料理をして、皮の下のジンゲロールという物資を有効活用しましょう!

■ その食べ方、間違っています!

•枝豆は、茹でるよりも、蒸し焼きがお勧め!

•ヨーグルトは空腹時は食べないこと!

•カツオは、刺身単品で食べてはいけない!

•ニンジンは生✖︎ノンオイルドレッシングはNGです!

•生シイタケは冷蔵庫から出してすぐに調理しないこと!

•ピーマンは、横向きに切ってはいけない!

•シメジは冷蔵庫で保存してはいけない!

•ニラは根元を取ってはいけない!

•ミカンは白い筋を取ってはいけない!

■上記は今週の週刊現代に書かれている食べ方ですが、せっかくの栄養が壊される食べ方があることがわかりました!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,636日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【お金をかけない私の健康法とは!】
〜一切、我慢・辛抱しないこと〜

※外食が70%でも超健康体の事実!
※睡眠時間が極端に少ないが超健康体の事実!
※365日休まないが超健康体の事実!

収入が減り続けている多くの人たちの現実だからこそ、『お金をかけない健康法』『我慢・辛抱』しない健康法が理想的では?

今あるお金で、誰にも負けない健康法とは……

※お昼ご飯は何を食べても腹八分であれば大丈夫!

※一口30回良く噛むことで脳が満足する!

※晩ご飯を和食にするだけで超健康体に!

※50歳を過ぎたら炭水化物は一日一回にすると超健康体に!

※一日の『糖質』の量をコントロールすること!

※食事中は水や水分は飲まないこと!

※水は活きた水をタイミング良く飲むこと!

※動物性食品(卵・お肉・乳製品)は半分に減らすだけ!

※白砂糖一杯の食べ物・飲み物は半分に減らすだけ!

※食後や食間の果物は止めること!

※酸化した油は半分に減らすだけ!

※どこでも歩く歩く歩くだけ!

※食源病(生活習慣病)は【ミネラル不足が原因】だからミネラルを補う超安い方法なのが1kg1500円でミネラル68種類が補えるのが【心と体にしみる塩】の活用です!

※生命の源である酵素(消化・吸収・代謝・解毒・修復・排泄)は【ミネラルがなければ動かない】事実!

※酵素は体温が35度台で動かない事実!

※従って【低体温】がすべての食源病(生活習慣病)の原因ですから体温アップがすべてに優先する!

※低体温の人を、1〜2ヶ月で一気にあげる【一日99円健康法】は凄い健康法です!

※24時間365日を【ありがとうございます】の感謝道の実践で、24時間リラックスすることであらゆる病気が予防できます!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,635日の遺言 球体健康法の創始者 山本敏幸

【ガンはリンパの滞りが原因だった!】
〜私自身の40日間の実験でわかった〜

■リンパの流れが滞るので、有害物質、老廃物を解毒・排泄・デトックスできないからガンや認知症になる!

私は8年前から6年間は、一切の健康食品・サプリメントを飲まないで、どのように身体が変わるのかを実験してきました!

※以前から殆ど動物性食品(卵・お肉・乳製品)は食べていないし、白砂糖や酸化した食べ物は殆ど食べていません!

※しかしながら、外食70%、ホテル暮らし35%で、4年間遅くとも2時30分には起きる毎日でした!

※一昨年の春からは、畑を500坪、今年からは耕作面積1,500坪ほど始めたので、毎日午前中は草取り!

上記の実験・実証・実行・実践してわかったことは、リンパの流れが止まり、全身に痛みが出て、肩も腰も膝も、足首も痛くて自由に歩けなくなりました!

自分自身の身体でわかったのは、ガンや認知症などの食源病(生活習慣病)は、リンパの流れが止まるのが原因だった!

40日前から、自分自身ではリンパの流れを治すことができなかったので、リンパの施術のプロに施術を4回流して頂き、自宅でもリンパの流れを良くするテラヘルスエネルギーの【デゾブルハンド】を使ってリンパの流れの改善しました!

軽く軽く皮膚の表面を流すだけで、一切痛みはないデゾブルハンドのリンパケア!

ガンや認知症などの予防・改善にリンパの施術をプロにお願いすると1時間で10,000円ほどかかりますが、デゾブルハンドを購入すると、家族全員で毎日リンパケアできる優れものです!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,634日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【医者が教える最強の栄養学】伊藤 豊院長
〜間違った食事法を実践していませんか?〜

・カロリー制限と運動療法では糖尿病は治らない!
・コレステロールに善玉も悪玉もない!
・40歳時点で太り気味の人がもっとも長寿!
・牛乳神話になどわされないように!

◉あなたの健康度チエックしてみよう
カロリー計算、一日30品目なんて、何の意味もない!

※三大栄養素以外に、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル、水の知識が重要!

第1章 今、本物の栄養学が必要

23 今までの『健康常識』は間違っている!?
25 『スポーツは体にいい』を卒業しよう!
※激しいスポーツは寿命を縮める!

28 無理せず、ムラなく、無駄なく、楽しく運動することがベスト
32 健康管理『不真面目グループ』の方が病気が少なかったフィンランド症候群
※こだわりがない人、適当な人が長生きしている!

33 ガンの『早期発見』なんて嘘
※子宮頸がんはタンポンの塩素が大きな原因です!

35 糖尿病を防ぐ
46 体に必要なコレステロールの酸化を防ぐ
53 動脈硬化を防ぐ
59 脳出血を防ぐ
63 肥満を防ぐ
68 内臓脂肪を防ぐ

73 高血圧を防ぐ
◉塩分摂取量が増えると血圧は低下する!(減塩してはダメ!)
◉塩分摂取量が少なくなるとLDLコレステロール値が上がる!
◉危険な血圧降下剤!
◉血圧が上がらない生活『怒らない、怖れない、悲しまない』ことが重要!

80 便秘を防ぐ〜食物繊維と水分補給を!

第2章 病気のほとんどはストレスから

84 私たちの体は自律神経がコントロールしている
89 ストレスによる自律神経の失調が病気をつくる
94 白血球が体の免疫機能を司っている
102 『活性酸素』が細胞を破壊し病気をつくる
107 活性酸素をいかに除去するか

第3章 現代栄養失調時代に対処する法

◉カロリー一辺倒の考え方はまちがい!(カロリー栄養素は崩壊している!)

128 小学校の学校給食メニューを見たことがありますか?
130 欧米人と日本人の遺伝子が違う
132 明らかな肥満の人以外、やたらにダイエットするのはよくない
135 食事から摂取しなければいけない必須脂肪酸
◉第三のホルモン『プロスタグランジン』
◉この危機にどうすればよいか?

※21世紀の公害『電磁波ストレス』
※骨粗鬆症とビタミンD
※牛乳神話に惑わされないように!
※内部被爆した食品

第4章 キッチンに置く『栄養学』

1 ビタミン学 2 ミネラル学 3 夢の栄養素『食物繊維』(ファイバー) 4 腸内フローラ 5 ファイトケミカル 6 核酸
7 酵母 8 クロレラ 9 水 10 ビール酵母

■上記は伊藤豊院長が書かれた文章ですが、山本式栄養学にとても近い考え方でしたので、紹介させて頂きました!カロリー栄養学は崩壊している!

カロリー栄養学•現代栄養学で足りないものは・・・①ビタミン ②ミネラル ③食物繊維 ④酵素 ⑥ 日光 ⑦酸素 ⑧天日海塩 です

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,633日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【体内の炎症を抑えると、病気にならない!】池谷敏郎医学博士
〜クスリに頼らず全身の臓器を元気にするコツ!〜

•テレビでおなじみの人気医師が教える、自宅で、今すぐ、誰でも、いくつからでもできる『健康革命』

•知らなければ一生損する!

•病気・老化の原因を“根本から断つ”絶対的な方法!

プロローグ
・人は、『炎症』とともに老いていきます!

・老化だけではなく、糖尿病、ガン。うつ病、アルツハイマー症、アトピー性皮膚炎他多数の原因は炎症!

・そもそも『炎症』って何?…赤く腫れていて、熱を持っていて痛みがある症状は炎症!

第1章 “病気がちな人”“100歳まで健康な人”を分ける『炎症』とは?

22 炎症には『いい炎症』と『悪い炎症』がある
23 痛みも熱も『免疫細胞』が戦っている“サイン”!
26 くすぶり(慢性炎症)はやがて、大火事(深刻な病気)になる!
28 『こんなに簡単なことでいいの?』大火事を防ぐ小さな習慣!
31 放っておくと怖い『歯周病』の正体
37 『老化した細胞』は“炎症を促す物資”をまき散らしている
42 これからは『抗酸化』よりも『抗炎症』
46 『炎症』と『酸化』はほぼ“ワンセット”
54 人生最期の瞬間まで楽しむために

第2章 『症状別』人はなぜ病気になるのか、治るのか!…生活習慣病もガンも!

62 動脈硬化
72 腸炎、大腸ガン、潰瘍性大腸炎、クローン病
83 ガン
88 うつ病
96 認知症
104 アトピー性皮膚炎
109 花粉症
114 気管支喘息

第3章 【肥満】は炎症の“温床”ー『第三の脂肪』があなたの寿命を短くする、

119 ポッコリお腹『リンゴ型体型』が一番危ない
128 炎症を抑える注目の物資『アデイポネクチン』
132 『肥満がもたらす高血糖』『高血圧』『脂質異常』
140 『心臓についた脂肪』が冠動脈を食い破る!
142 お酒を飲まない人も『肝炎』になる理由
147 『肥満ホルモン』が脂肪を溜め込む

第4章 『解決策編』炎症を抑える【食べ物・食べ方】

155 『EPA』『DHA』は、炎症を終わらせるメデイエーター
162 サラダ油は『炎症を促す油』、アマニ油」は『炎症を抑える油』
172 炎症を抑える『食生活の工夫』
202 『抗酸化力』が高い野菜は『抗炎症力』も高い!
205 “自然の恵み”は皮ごと、種ごと、丸ごといただく!

第5章 炎症を抑える【生活の工夫】…今日から気楽に始める『体質改善』

216 3分でできる簡単体操で、疲れ知らず、病気知らずの体に!
220 鎮火体操① 心も体も見た目もスッキリ!『ストレス発散型!ゾンビ体操』
224 鎮火体操② 副交感神経が優位になる!『全身グーパー体操』
226 鎮火体操③ リラックス効果を高める!『お風呂でグーパー体操』
229 禁煙はもっとも確実な『抗炎症』
231 イライラは『タバコ3本を同時に吸うほどの不摂生』と心得よ

■多くのテレビ出演で有名な池谷敏朗医学博士が書かれた本ですが、クスリに頼らずに全身の臓器を元気にするコツが多数書かれたいる本でしたので紹介させて頂きました!

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,632日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【脳にいい食事大全 】ミシエル・ショーフロ・クック著
〜食べ物を変えると、脳も変わる!〜

・世界メディアが認めた『最強の脳をつくる方法43』
・1分でアタマがよくなる食事の全技術
・記憶力・認知力・判断力・集中力がみるみるアタマがシャープになる!
・先端科学が教える、脳に効くスーパーフード&レシピ集つき!

chapter 1 食事を変えると、脳も変わる!

08 自分の脳の状態のチエックー『能力自己診断シート』
11 脳には驚異的なポテンシャルが秘められている
14 脳の『炎症』があなたのパフォーマンスを下げる!

※ガンや心臓病、喘息、関節炎、脳疾患、うつ病、認知症は脳の炎症だ、
※幼児期のストレスが大人になって慢性炎症になりやすい!

chapter 2 最高のパフォーマンスをつくる14の『脳』の原則

23 現代人の食事は脳の『炎症』を招きやすい!

※トランス脂肪酸は避けること!(パン、クッキー、加工食品、料理済み食品、焼き菓子、外食料理他)
※亜麻仁油、ホーレン草、ケールなどの緑黄色野菜やサケ、イワシ、サバなどから良質な油を!

※『糖質』は豆や野菜から摂取すること!

28 意外にも砂糖を含んでいる12の食品
31 赤身肉や鶏肉に含まれている抗生物質やホルモン剤が体内で炎症を!
32 牛乳信仰はまやかし
※牛乳も、ヨーグルトもアイスクリーム、バター、チーズは危険

33 乳製品がダメな8つも理由
35 精製された穀物は砂糖と同じレベルの危険性が!
37 脳にいい食事の原則14

原則1 赤身肉や乳製品の摂取量を減らす
原則2 精製された穀物を避け、全粒の穀物をとる(全粒穀物は玄米でとろう)
原則3 グルテンフリーを実践してうつ病や精神疾患を予防する
原則4 1日3回の食事と、合間の軽食は必要
原則5 マーガリンやビスケットは一切とらない
原則6 食事の80%を野菜と果物にする
原則7 火を使う料理には、ココナッツオイルやオリーブ油を使う
原則8 毎日2分の1カップ以上の豆類を食べる
原則9 人工甘味料を避ける(人工甘味料は砂糖というよりもDDTや枯れ草剤に近い!)
原則10 砂糖の摂取量を大幅に減らす
原則11 食塩ではなく、天然塩を使う(微量ミネラルを含む天然塩を活用を!)
原則12 30分以上の有酸素運動を週に5回以上する
原則13 良質のマルチビタミンやミネラルサプリメントを服用する(サプリメントは、鉄、銅、砂糖、香料、人工甘味料が含まれていないこと!)

原則14 『60秒脳力アップ』を生活に取り込む

chapter 3 最強の脳をつくる食事術10

60秒脳力アップ❶ 砂糖を減らし、植物由来の天然甘味料に切り替える(精製された砂糖が最も危ない!)

60秒脳力アップ❷ アスパルテームなどの人工甘味料を止める
※人工甘味料が危険な7つの理由 59頁参照

60秒脳力アップ❸ MSG(グルタミン酸ナトリウム)を避ける
※MSGが入っているリスクのある食品と食品添加物一覧 63頁参照
※MSGが脳細胞を破壊するだけでなく、脳機能を低下させる!

60秒脳力アップ❹ トランス脂肪酸を止めて脳にいい油に切り替える
60秒脳力アップ❺ 肉の摂取量を減らす
60秒脳力アップ❻ 金属が体内に入り込むのを防ぐ

※アルミニウムはパーキンソン病のリスクが高まる 77頁参照
※カドミウムは?洞は?鉛は?水銀は?
※浄水器で金属を除去すること

60秒脳力アップ❼ 制酸薬(胃腸薬の一種)の服用を避ける
60秒脳力アップ❽ アロマや香水は成分に注意
※美容製品に含まれる12種類の有害物質
※使われているかもしれない化学物質は500種類以上

60秒脳力アップ❾ 柔軟剤を健康的なものに切り替える
※柔軟剤に含まれている8つの神経毒
60秒脳力アップ➓ 芳香剤や消臭剤の使用を止める
※芳香剤に含まれている有害成分

chapter 4 脳のパフォーマンスを最大化するスーパーフード21

※ザクロ、チエリー、セージ、ブルーベリー、セロリ、ターメリック、お茶、食物繊維の多い食べ物、 豆類、リンゴ、生姜、オメガ3脂肪酸、クルミ、ホウレン草、ローズマリー、トマト、コーヒー、桃やチエリー、玉ねぎとニンニク

chapter 5 脳を60秒で最高の状態にする習慣12

32 1日8時間以上の睡眠でスーパーブレインをつくる
33 新しいことを学んで記憶力を高める
34 天然の抗菌物資でピロリ菌に打ち勝つ
35 いつもと違うことをして、脳細胞のつながりを増やす
36 ストレスの芽を摘んで脳のコンデイションを守る
37 第二の脳である腸の健康を高める
38 太極拳や気功で脳の健康を高める
39 瞑想のさまざまなメリットを享受する
40 ストレッチと有酸素運動で記憶力を向上させる
41 ゲームとパズルで集中力を高める
42 ウオーキングで脳を大きく成長させる
43 食べ過ぎに気をつけて脳を守る

■上記は米国のミシエル・S・クック先生が書かれた文章で、野菜や果物を日本の野菜や果物を食べることをお勧めします!最強の脳を野菜と果物で作りましょうね

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,631日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【子孫を残せないタネ…不自然な食卓 】DAYS JAPAN
〜遺伝子組み換え大国 日本〜

•日本は、欧米が拒否した遺伝子組み換え食品のゴミ捨て場になる!
•世界の種子市場の7割近くが遺伝子組み換え企業が独占している!
•遺伝子組み換え食品は、健康に良い?悪いの?
•遺伝子組み換えの世界的企業の巨大さが、健康への被害を【暴く】研究を【許さない】事実!
•遺伝子組み換え分野は、安全性を疑うことが、原発と同じく暗黙の【タブー】だ!

•EUでは、遺伝子組み換え食品の安全性を問い直す声があがり、強力な除草剤・グリサホート(発ガン性が高い)系農薬の使用を全面禁止にする運動が!
•グリサホートが、身体障害、皮膚疾患、呼吸器系疾患などに深刻な健康被害が!

日本では、厚労省は、安全性を認められた遺伝子組み換え作物は314品種!と世界一だ!

•遺伝子組み換え作物の生産量が世界一のアメリカで生産されている大豆・綿・トウモロコシの90%以上だ!

•日本の輸入飼料用トウモロコシの97%は遺伝子組み換え作物だ!

•日本で飼育されている牛・豚・鶏のエサに遺伝子組み換えトウモロコシだ!

•ジュース他に入っている【果糖ブドウ糖液糖】は殆どが遺伝子組み換えトウモロコシから作っている!

•コーンスターチもコーンシロップも、遺伝子組み換えトウモロコシから作っている!

加工食品の豆腐・納豆・味噌など33品目は遺伝子組み換え作物の表示義務があるが、その他の食品には表示義務がない!

スーパーで売っているコーン油、菜種油、キャノーラ油、大豆油、コットン油は殆どが遺伝子組み換えだ!

醤油もコーンフレーク、粉ミルクなどの身近な食品に遺伝子組み換え由来が多い!

妊娠中の女性30人の血液検査をしたら、93%の女性と、80%の胎児の血液から有害物資が検出された!(有害物資は、遺伝子組み換え作物の害虫を殺す物資だった)

女性の3人に1人、男性の4人に1人が不妊だ!(原因はグリサホート系の農薬によって妊娠能力が落ちていると)

米国では、3人に1人の子どもが糖尿病やアレルギーを抱えている!

■上記は月刊誌DAYS JAPANさんの記事ですが、遺伝子操作された食べ物を日本人が世界で一番食べていて、その遺伝子操作されたトウモロコシを牛・豚・鶏のエサに入れている事実!

米国産牛肉はヨーロッパでは輸入禁止! ブラジル産鶏肉はアメリカでは輸入禁止だと知って、子ども達に食べさせていませんね

【1か月で血液をキレイにする健康法】の解説1,630日の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

【子どもに『買ってはいけない』『買ってもいい』食品 】渡辺雄二著
〜ガンのリスクを高める『お弁当のおかず』がある!〜

•大ヒット商品や人気の食品など約120品目の製品を実名で紹介!
•子どもの『食の安全』に真正面から取り組みました!
•よく子どもが食べるパンやラーメンは大丈夫?
•水と添加物しか入っていない『飲みもの』とは?
•あの『お菓子』に入っている合成甘味料がヤバイ!

はじめに
・お弁当のおかずの定番といえるウインナーソーセージやハムには、毒性の強い発色剤!

・WHO世界保健機関は、ハムやソーセージなどの加工肉を食べている人は、大腸がんのリスクが高まると!(亜硝酸ナトリウム)

・合成甘味料を含むダイエット飲料を飲む習慣のある人は、飲まない人と比べて脳卒中や認知症になる確率が約4倍も高まると!

第1章 子どもに【買ってはいけない】食品

•お弁当のおかず……シャウエッセン、タコさんのウインナー、朝のフレッシュロースハム、厚切りベーコン、みんなの食卓あらびきウインナー、ホモソーセージ、かねふくのたらこ

•お菓子……ZERO(ゼロ)、果汁グミ ぶどう、うまい棒 チーズ味、クロレッツXPオリジナルミント粒、キシリトールガム、恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト、明治プロビロヨーグルト、これでフルーツ10種類ヨーグルト、VC3000のど飴、まんまるラムネ

•飲みもの……NEWヤクルトカロリーハーフ、ファンタグレープ、カルピスソーダ、三ツ矢サイダー、アクエリアス、コカコーラ、ペプシストロング、

•主食・加工食品……パスコ白い食卓ロール、カップヌードル、明星チャルメラしょう油ラーメン、こくまろカレー、キューちゃん特級福神漬け、森下の紅生姜、紀州南高梅

•冷凍食品・調味料……マ・マーお弁当用スパゲティ、リケンのノンオイル、パルスイート ビオリゴ他

第2章 【買ってはいけない】と【買ってもいい】の中間
•お弁当のおかず
•お菓子
•飲みもの
•主食・加工食品
•冷凍食品・調味料
•ベビーフード……和光堂ベビーフード栄養マルシェ しらすの雑炊、和光堂くだもの食べよっりんご&赤の野菜、ビジョン レンジで蒸すパンりんご&さつまいも

第3章 子どもに【買ってもいい】食品
•ベビーフード……213頁参照

第4章 【子どもの食品】について正しい知識を知っておこう

222 ①食品添加物の見方と危険性を知ろう

•子ども向けと大人向けの区別がない!

•酸化防止剤や発色剤、保存料、防カビ剤、着色料、甘味料、漂白剤、糊剤(増粘剤やゲル化剤、安定剤)などは用途明記の添加物で、要注意添加物だ!

•一括名表示で物質名が表示されない添加物、酸味料、ph調整剤、香料は超危険な添加物だ!

•使われているのに全く表示されない添加物、栄養強化剤(強化剤)、加工助剤は危険だ!

•人体汚染を引き起こす添加物ー自然界にまったく存在しない化学合成物質は危険だ!

234頁 ①発ガン性の疑いのある添加物は、亜硝酸ナトリウム、タール系色素、アスパルテーム他

② 発ガン性が認められた添加物ー赤色2号、opp及びop-Naの防カビ剤、過酸化水素(漂白剤)、臭素酸カリウム(小麦粉改良材)

③ 催奇形形が認められた添加物ーTBZ(防カビ剤)

④ 体内で異物となって、障害をもたらす添加物ースクラロースとアセスルファムなどの人工甘味料

⑤ 毒性が強く、障害をもたらす可能性のある添加物ー安息香酸ナトリウム(保存料)、亜硫酸や字亜硫酸ナトリウムなどの漂白剤や酸化防止剤

237 ②注意したいアレルギー表示
239 ③遺伝子組み換え食品は安全か否か

•認可された遺伝子組み換え作物は310品種以上

•トウモロコシと大豆の約9割は遺伝子組み換えされたもの!

•遺伝子組み換え作物は、【種の壁】を超えた作物だ!

•表示されない遺伝子組み換え作物がある!ー大豆油、しょう油、菜種油、コーン油、コーンフレーク、綿実油、水飴、果糖ぶどう糖液糖、デキストリンなどは無条件で表示が免除されている!

252頁 小児がんとアスパルテームとの関係は?

■上記は渡辺雄二さんが実名で書かれた商品を子ども達に食べさせたくないと思いませんか?