【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,257日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【好きな食べ物で自分が分かる】リズ・ブルボー著
〜からだに聞いて食べなさい❷〜

■塩分が多いものを好む人は……
・常に自分が正しいと出張し、口論で相手を言い負かさないと気がすみません。すべてを自分思い通りにしようとし、誰かの言いなりになるのを嫌がります。しなしながら、相手を打ち負かすほどの説得力をがなく、無用なストレスを感じがちです。

■甘いものや砂糖を好む人は……
・ギスギスした生き方をしている可能性があるでしょう。自分に対して厳しすぎ、自分を価値ある人間だと思えません。何か特別な素晴らしいことをしなければ、自分を認めてもらえないと思い込んでいます。自分がどれほど恵まれているかに気づかず、ないものねだりばかりしているのです。

■香辛料を多く含む食べものを好む人は……
・恋愛や仕事などに消極的で、人生への情熱に欠けまわりの美しいもの、特に自分の中にある愛を感じなくなっています。理性や分析が強すぎるためです。

■こってりした食べものを好む人は……
・肉体的にも精神的にも、自己嫌悪をいだきがちです。罪悪感があるために、消化しにくい食べものを自分のからだの中に詰め込むことで、自分を罰しようとするのです。また、まわりの人のことを優先して、自分をないがしろにしがちです。

■歯ごたえのある硬い食べものを好む人は……
・自分に対して厳しすぎ、人生は困難なものでなければならないと思い込んでいます。不必要に問題を作り出し、無意味に悩み、額に汗して努力しなければ救われないと思い込んでいます。自分が軟弱で怠け者であることが許せず、自分もまわりの人もすぐに批判し、寛大になれません。

■歯ごたえのない食べものを好む人は……
・自分だけでは何ひとつできないと思い込み、人生を開拓していくたくましさに欠けています。誰かに幸せにしてもらおうという依存心が強く、もし、自分が強く出たら、まわりの人は自分にかまってくれなくなると信じています。

■カフェインをよくとる人は……
・エキサイティングな目的を持てず、朝、元気に起きる気力ありません。自分から何かをするというよりは、まわりの人についていこうとするタイプです。

■パンをたくさん食べる人は……
・生きる基本であるパンをいくら食べても、物足りない気持ちになるのは、愛されているという自信が持てないからです。まわりの人から気をかけてもらい、認められて、褒められることでしか、自分の存在意識を感じることができないのです。

リズ・ブルボー先生の【からだに聞いて食べなさい】に書かれている好きな食べ物で、その人がわかる………0歳〜7歳頃の育った環境、特に両親からの影響で上記の食べ方に!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,256日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【からだに聞いて食べなさい】❶リズ・ブルボー先生 著
〜もっと自分を愛してあげるために〜

表紙
・“食べること”と“愛すること”のスピリチャルな関係
・あなたは自分を幸せにするものを食べていますか?
本書の目的は……
・自分を無意識に支配している『コントロール』の正体と、その程度を知る
・自分食べ方を、もっと意識化する
・食べることと、『感情』、『精神』、『魂』を理解する
・自分が本当に望んでいるものを感じるのが、なぜ難しいかを理解する
・からだや心にとって必要な栄養をとるのをさまたげている『傷』の存在を意識できるようにする
・食べる前に、いつも、からだのニーズを聞き取れるようにする

第1章 何があなたをコントロールするのか?
※心の中の『五つの傷』がコントロール

第2章 あなたがそれを食べる理由
①“拒絶による傷”と食べ物の関係
②“見捨てによる傷”と食べ物の関係
③“侮辱による傷”と食べ物の関係
④“裏切りによる傷”と食べ物の関係
⑤“不正による傷”と食べ物の関係
・好きな食べ物で自分が分かる(明日書きます)
・いろいろな食べ方で自分が分かる(明後日書きます)

第3章 からだが本当に必要としているもの
・からだが喜ぶ栄養素
・ゆっくりと味わって食べる
・からだの声を聞く方法
・何を食べたら良いか分からないときは

第4章 食事で自分を知るエクササイズ

第5章 あなたの体重で教えてくれること

第6章 自分を幸せにするための食事

第7章 もっと自分を愛してあげるために

■上記はリズ・ブルボー先生が書かれた文章ですが、私自身、35年間、食べ物と心の関係を研究して来て、20日日曜日には京都で1DAYセミナーで、【五つの傷】と人生への影響について説明致します!更に、食べ物と霊障・憑依の関係と自分自身でブロックする方法を説明致しますよ!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,255日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【生命の源である『酵素』のサプリが必要な人へ】
〜食べ過ぎ・飲み過ぎの人へのメッセージ〜

✳️酵素……消化・吸収・分解・代謝・解毒・修復・排泄・排毒は酵素がなければ動けない!
✳️酵素は……35度台では動けないし、ミネラルがなければ動けない事実!
✳️酵素研究35年の山本敏幸が選ぶ【酵素サプリを飲む必要がある人】へのメッセージ!

❶酵素研究35年の山本敏幸が、日本人の食べ物の約60%は糖質なので、売れ筋の酵素は取り寄せて『糖質分解実験』を実施しで、過去最速の糖質分解できた酵素サプリを選んだ!
・過去最速は玄米酵素だったが、それ以上に糖質分解が速かった!

❷世の中には多数の酵素サプリがあるが、①糖質を分解するアミラーゼ、②タンパク質を分解するプロテアーゼ、③脂質を分解するリパーゼ、④乳糖を分解するラクターゼ、⑤セルロースを分解するセルラーゼの5種類の酵素が活きていると書かれている酵素サプリは見たことがない!

❸ラズベリーケトンが入っているので、ラズベリーはカプサイシンの3倍脂肪吸収を阻害する効果が!更にラズベリーケトンは基礎代謝をアップする!

❹更に90種類の発酵酵素が入っている!

※YouTubeにはスリムエンザイムプラスと検索すると、糖質分解実験が見れるし、YouTubeにはテレビに出た時の映像があります。

※とにかく、ガンや認知症を予防するのは腸内細菌だから、腸内細菌を活性化することが大切ですので、せめて、【寝る1時間前に一袋】飲んで寝てほしい!

※一気に体験したい人には【一日4回10日間飲んで体験】して頂きたいです!

※私は、お会いした人には、寝る1時間前に一袋飲んで、現在の体調を維持してほしいとお勧めしております!(一日一回飲むだけ)

※昔から私のことを知っている人には特にお勧めしやすい最高の酵素サプリ【スリム エンザイム プラス】は、食べ過ぎ・アルコールの飲み過ぎ・ダイエット・美肌・便秘・腸内環境を良くしたい人にお勧めします。(キッズの推薦商品)

【1カ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,254日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【月と女性とお塩の関係は…!】
〜満月に海亀や珊瑚が卵を産む〜

■月は地球上の海をコントロールして、地球の約80%は海で、約20%が陸です。人体も約80%(老人は60%)が水分で構成されています。

■五臓六腑といいますが、人体の臓器の名称には、必ず月が付きます。

※五臓とは中の詰まった器官を指し肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓の五つ。

■陰陽五行説においては、順番に「木、火、土、金、水」に対応しています、陰陽五行説とは、自然の循環のことで、木は火によって 燃やされ、土に返る、そして土の中から金属が取れる。

※その金属に水滴がついて、水が生まれる。そしてその水によって木が育つ。ということです。

■六腑は中が空になった器官を指し、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦の六つ。三焦とは『リンパ管』のことで, 機能はみぞおちとへそを境にして上から上焦・中焦・下焦の3つに分けられています。それらを合わせて三焦と言われています。

・三焦はエネルギーを通す器官で、いわゆる、チャクラと言われる物に近いと思われます。そして中が空洞の器官で女性だけが持つ器官が子宮です。六腑はエネルギーを集める器官で五臓はそのエネルギーを蓄積していきます。

※子宮は受精することにより、子宮内に羊水が蓄えられていき胎児が育つ環境ができていきます。子宮内に蓄えられた『羊水は正に地球上の海と同じ成分』で、子宮はマイクロアースです

※地球上の海の潮汐をコントロールしているのは月です。

※私たちは誕生の瞬間から、月のエネルギーに育まれています

※月からのエネルギーを一番キャッチしやすいお腹に子供を宿した女性だと思います。

■満月の日の海水(東京湾だと1.5mも海水が高くなる)を汲み上げ、太陽と風だけのエネルギーでお塩を作り、お塩ができても販売しないで、3〜6ヶ月間山積みにして【ニガリ】を少し落としてから販売している【心と体にしみる塩】は、ミネラルが68種類以上入っている世界一ミネラルが多くて、【減塩しなくても良い自然塩】をお料理に、味噌造りに、漬け物造りに使いませんか?
※減塩するからガンや認知症などの生活習慣病が世界一増え続けている事実!(妻がお料理を作る)
※減塩するからヤル気がなくなり、うつ病などの心の病が世界一増え続けている事実!
※減塩するから、男が男らしくならない事実!(女性が不幸になるのでは?)
※1Kg10個入りでお送りします!(成分分析表・毒性検査表付き)

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,253日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【大ウソ医学にだまされない極意】内海聡の医学不要論
〜薬、ワクチン、輸血……患者殺しの怖いワナ〜

第1章 薬のウソ
・向精神薬は禁断症状を起こす麻薬や覚せい剤と同じだ!
・整形外科でよく使われる睡眠薬や安定剤も怖い向精神薬
・アトピーに使われるステロイドが人体にさまざまな弊害を招く
・猛毒サリンや農薬と同じ作用機序を持つ認知症薬の正体

第2章 ワクチンのウソ
・ワクチンでインフルエンザを防げるなんて幻想にすぎない!
・風疹、はしかの予防に盛んに勧められる危険なワクチン!

第3章 現代病のウソ
・アレルギー性疾患やガンなど、現代病を招く社会毒に要注意!

第4章 食品のウソ
・砂糖や人工甘味料は化学物質!糖尿病、肥満、うつを誘発
・毒だらけの食品から抜け出すには調味料にこだわれ!
・『心筋梗塞の発症を30%高める』と危険視されるトランス脂肪酸
・サラダ油のとりすぎが炎症を起こし、かゆみやぜんそくを招く
・『健康のために牛乳を飲む』これは洗脳された日本の常識
・アレルギーや腫瘍を招く!不自然な食品=遺伝子組み換え作物

第5章 フッ素、電磁波、放射能のウソ
・虫歯予防に歯科医が勧めるフッ素はガンなどを招く猛毒
・生活用品にあふれる経皮毒がアトピーや婦人病を引き起こす
シャンプーやヘアカラー、生理用品は特に注意が必要!

第6章 検査・基準値のウソ
・胃ガン発見率の高くないバリウム検査が胃ガンを増やす

第7章 輸血のウソ
・医師も遺族も気がついていないが輸血で患者は殺されている!
・血液製剤は感染症の起爆剤で輸血は危険な発ガン療法だ!
・輸血の害を意識する欧米では無輸血医療が進歩!

■100分のDVD付録つき1,000円+税はお安い本ですね!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,252日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【長生きしたけりゃパンは食べるな】フォーブス弥生著
〜すべての元狂だった!〜

表紙
・7日で2.5キロ痩せて脳が若返る!
・『毎朝の腹痛』が消えて、片頭痛も治った!
・10年来の『糖尿病』がたちまち良くなった!
・高血圧・脳疾患・アトピー・肥満・肩こり・うつ……あまりの効果に驚きの声!8年間、小麦抜きを続けた第一人者が明かす『病気が治る』凄い食事法とは?

第1章 なぜ『この』体調不良はクスリで治らないのか

・糖質制限も、運動もしているのに体調が悪いのはなぜか
・うつ病はクスリでは治らない
・海外のセレブはパンも小麦も一切とらない
・老けない体は『毎朝のパン』を止めるだけでつくれる

第2章 小麦の成分『グルテン』が脳を壊す
・肩こり・片頭痛はグルテンが脳に穴をあけたから
・品質改良でグルテンの量が40倍に!
・パンやラーメンが認知症をつくる
・パンには『ヘロイン』のような禁断症状がある

第3章 痩せる!痩せる!人生が変わるパン抜き生活(基本編)
・一生のおつきあいと諦めた糖尿病が治る
・食品添加物、世界一の日本で安全に食べる方法
・『炭水化物を 抜けば健康になる』は間違い

第4章 疑問にお答えします『パン抜き生活 実践のためのQ&A』
・パスタが大好き、やっぱり食べたい…
・パンは『全粒粉』であれば安全ですか?

第5章 砂糖、油、調味料……老いない体を作る食べ物
・体を老けさせる糖化現象『AGE』とは?
・日本人の8割が牛乳を飲むと下痢になる

第6章 ズボラでもかんたん!パン抜き生活14日間プログラム
月曜日 スムージーで若返り成分をたっぷりとる
火曜日 NASAも認めた最強食材『キヌア』をとる
水曜日 小腹を空いても安心の『味噌ボール』
木曜日 『誰が作ったのか』わからないものは食べない
金曜日 食べるなら、唐揚げではなく竜田揚げ
土曜日 焼き鳥はタレではなく塩コショウで
日曜日 『スープカレー』で血液サラサラに

■ 上記はフォーブス弥生さんが書かれた内容ですが、パンがヘロインのように常習性、依存性、麻薬と同じようになると!
特に、輸入小麦粉から作られるパン、パスタ、ピザ、ラーメン、ウドン、お菓子は極端に減らすべき食べ物だと思っています!

【1ヵ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,251日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【からだに『いい塩・悪い塩】細川順讃著
〜減塩は病気になる!〜

表紙
・ミネラルバランスを正しく保つ
まえがき 塩があなたの命を支えている

第1章 病気の原因は減塩にあった
・にせものの塩が現代人の病気を作っている
・『塩分=悪』が定着し、病人が増え続けている
・無気力人間が増えているのは減塩が原因
・カリウム過剰で細胞がゆるんでしまう
・脳の細胞がゆるんで認知症になる
・糖質制限していると老廃物が増える
・“減塩と糖質制限”の行く末は心筋梗塞!
・コンビニ弁当は高血圧になる?
・そもそも食品メーカーや飲食店が塩化ナトリウム99%以上の塩を使っている

第2章 塩がなければ健康体を維持できない
・現代人はミネラル不足しすぎている
・塩は最高のミネラルの補給源!
・アサリは化学塩の中では生きられない
・海水を輸血したフランスの医師
・朝食を食べると老廃物が増える!
・リンパ液が老廃物を運んでくれる
・高血圧やがんで減塩中の人 も塩を変えてみませんか?

第3章 いい塩を食べれば健康が回復する
・本物の塩はたくさん摂っても大丈夫
・長期間つくり置きしたごま塩を食べると危険!
・心が病んでいる人が多いのは塩が不足しているから?
・減塩しているとセックスの意欲もなくなる

第4章 体内環境の乱れが病気の原因だった
・腸内環境がよければ異常細胞はできない
・食品添加物、うまみ調味料、農薬が病気をつくる

第5章 いい塩で女も男もキレイになる!健康になる!
・とっておきのいい塩を使った美肌&健康
・お風呂は塩浴が気持ちいい

■上記の内容は細川順讃総合医療コンサルタントさんの言葉で、細川さんは最高の塩は“焼き塩”しかないと書かれているが、自然塩の選び方を35年間研究してきた私は、600度の熱を加えた塩は、ある意味“薬”になっているので、長期間食べるのは危険だと思います!

※自然塩にも悪さを知る自然塩があるので、世界一ミネラルが多い【心と体にしみる塩】をお勧めします!
※細胞がゆるむお話しがありますが、白砂糖も細胞をゆるめることを知ってくださいね!減塩白砂糖=ガンや認知症の原因は
です!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,250回目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【女性ホルモンとミネラルの関係は!】
〜牛・豚・鶏のエサにホルモン剤が入っている〜

■【ミネラル不足】は女性ホルモンの分泌を低下させ、生理痛・生理不順を引き起こす!

※【ホルモンバランス】が狂って乳ガンや子宮ガン、子宮筋腫、子宮内膜症になります!
※生理は28日できますか、生理痛はありませんか?不正出血が乳ガン子宮ガンの前兆ですよ!
※牛・豚・鶏のエサに、早く出荷させる成長促進剤、肉を柔らかくするホルモン剤が入っているので、女性ホルモンが狂う!

■【必須微量ミネラル】の亜鉛、セレン、銅は、女性の生殖生理作用において重要な働きをしています。

■これらの【必須ミネラル】が不足すると、女性ホルモンのバランスは乱れ、生理痛・生理不順が生じやすくなることが近年学術学会で発表されました。

■特に、【亜鉛が不足】すると、脳下垂体で作られる性ホルモンの分泌量が低下し、卵巣の成長不良を生じます。

■すると、卵胞の発育に時間がかかるため排卵が遅れたり、卵子の排卵がない「見せかけの月経(無排卵性)」を生じたりします。

■【女性ホルモン】は、子宮内膜を作り保つ働きをしますが、亜鉛が不足すると女性ホルモンの分泌量が減少し、子宮内膜は早くはがれ落ちて出血を起こし、生理不順を生じます。

■国民栄養調査によると、15歳以上の現代女性の亜鉛の必要量は、1日10mgですが、平均摂取量は7.8mgと不足傾向にあります。

■そして、さらに【食生活の乱れや無理なダイエット】をすると、一層の亜鉛不足となり、生理不順を引き起こすのです。

■【セレンが不足】すると、不妊症、月経周期の乱れ、胎盤の分泌閉止、流産を引き起こし、銅欠乏では、貧血、低体温を生じることが報告されています。

■また、【無理なダイエット】をすると、女性ホルモンのもとになるコレステロールの摂取量が減り、女性ホルモンの分泌が低下し、月経が止まったり、月経周期が長くなったりします。

■つまり、【女性のカラダにとって重要】な、亜鉛・セレンなどの必須ミネラルをしっかり摂取することが、生理を正常に保つポイントとなります。

■栄養のバランスがとれた規則正しい食生活で、妊娠出産のための大切なシステムを正常に機能させましょう。

■女性ホルモンのバランス整えるためにも、【世界一ミネラルが多いお塩】で【減塩しなくても良いお塩】でお料理を作りませんか?(必要なミネラル68種類が殆ど入っています)

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,249日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【不要なクスリ 無用な手術】富家 孝著
〜医療費の8割は無駄である〜

表紙
・一日でも健康寿命を伸ばすための本
・『医者に嫌われる医者』しか書けない医者が勧めるクスリ、手術、医療のウソ

第1章 65歳以上は年に70万円という医療費のカラクリ
・今後、自己負担額が引き上げられる!?
・以外にかかる医療費以外の費用

第2章 医者はこうして稼いでいる
・診療報酬の不正請求は後を絶たず
・悪徳医ほど紹介状を書くのを嫌がる
・『危ない病院』には共通した特徴がある
・CT検査による被曝と不必要な『人工透析』
・健康診断、検診を受けると“不健康”になる
・欧米人はあまり病院には行かず、検診も受けない
・将来的には外来診察の7割が不要になる

第3章 【糖尿病】【高血圧】と生活習慣病のお値段
・生活習慣病は病気ではなく、『老化現象』
・糖尿病は食事・運動から治療をスタートさせる
・人工透析を受けると外来で年間480万円
・人工透析は病院にとって“定期預金”

第4章 飲み続けていいクスリ、無駄なクスリ
・度を過ぎた製薬会社と大学病院の癒着
・高齢になっても降圧剤を飲み続ける無駄
・認知症薬は進行を止まるクスリではない
・クスリを止める勇気を持つこと

第5章 誰も知らないガンの治療費のこれから
・ガンの治療費はほとんどが300万円以下
・ガンの先進治療は国家財政を破綻させる
・今後、一般人は先進治療の恩恵を受けられない

第6章 【部位別】10年生存率と、無用ながん手術
・『神の手』外科医もいれば『紙の手』外科医もいる
・生存率50%未満の肺がん・肝がん・胆嚢胆道がん・膵がんは難治性がん。
・女優・川島なお美さんのがん死への疑問
・手術は命がけ?腹腔鏡手術で相次ぐ死亡者
・がん治療で早死にしてしまうという皮肉

第7章 800万円【介護】の費用と【終の棲家】選び
・死ぬまでの介護費用は総計800万円
・なんと18種類もある『老人ホーム』
・『老人ホーム』といえない老人施設
・ブラック老人ホームの見分け方

第8章 【終末期医療】の相場と【遠観する勇気】
・『生き方』より『死に方』を考えておく
・終末期にどれくらい医療費がかかるのか?
・世界一『寝たきり老人大国』の日本
・なぜ、胃瘻までして延命するのか?
・『尊厳死』という『自殺死』を選択する
・延命治療拒否の『事前指示書』を書く

■上記は富家 孝さんの書かれた文章ですが、世界の人工の2%の日本人が、世界の約40%の薬を飲んでいるが、がんや認知症が世界一増え続けている事実、いかに病院に行かないように日頃から生活習慣を見直すのか?
※一番必要な食事コントロールが一番難しい事実!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,248日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【からだの声を聞く 12のルール❸】北林はる奈著
〜リズ・ブルボーの教えを実践してきた著者が伝える幸せの法則〜

1章 《真実の愛》と《恐れからの愛》の違いを知る
2章 自分を知るために《人生の三角形》を使う
3章 両親との関係を見つめ直す
4章 《本当の責任》とは何かを理解する
5章 自分が持っている《心の傷》を理解する
6章 仮面をはずして『本当の自分』を取り戻す
7章 受け入れることで、すべてが変わる
8章 人生における自分の《ニーズ》を意識する
9章 【女性原理】と【男性原理】の調和
女性原理
1. あっちもこっちもと、同時にこなす
2. 社交的でオープンな傾向がある
3. 何か問題があると、誰か、話す相手を探す
4. 思いついたまま話し、良く話が脱線する。言いたいことを考えてからいわない
5. 会話の中で、自分の方に相手を引きつけることが得意である
6. あまり考えず、結論にすぐ飛びつくと人に言われたり、自分で思ったりする
7. 相手と『つながる』コミニケーションを心がけている
8. 何かを決めるときには、自分の『感覚、感じること』を頼りに決める
9. 人の名前ではなく、人の印象、着ていた服あ全体のイメージなどで相手を覚える
28. セックスでは相手と『融合』し、ひとつになることを重んじる
男性原理
1. ひとつのことに没頭して集中する
2. 内向的で孤独を好む傾向がある
3. 何か問題が起きると、引きこもって一人で考える
4. 話の筋が通っていて、よく考えられた、整理された文章を使う
5. 感情を抑制していて、他の人と話すことがあまり得意ではない
6.まじめすぎると人に言われたり、自分で思ったりする
7. 『正確な』コミニケーションを心がける
8. 自分が何を『思い、考えている』かは分かっていても、何を『感じている』のかが、よくわからない
9.人の名前を覚えておくのは得意
28. セックスでは『テクニック』を重んじる

10章 《恐れ》と《思い込み》から自由になる
※自分を許すメソッド
11章 《罪悪感》から解放される
12章 自分を愛し、自分の人生を信頼する
※感情の自立を目指すこと

■上記は北林はる奈『からだの声を聞きなさい』日本スクール主催者の言葉ですが、私は『からだは心に支配されている』ことを体験して、からだと心の関係を35年間、研究してきて、リズ・ブルボー先生の本に出会い、ガンや認知症などの食源病・生活習慣病は、心の持ち方、心のクセ、心の在り方だったと確信しました!
■13日東京、20日京都での1DAYセミナーでお待ちしております!