【1ケ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,053日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【人類最強の『糖質制限』論】江部康二著
〜一生太らない食べ方〜

✳️【結局、炭水化物を食べればやせる!】森谷敏夫著……は『明日書きます』が、どちらがあなたに必要か?2冊の本を読んで自分で確認しましょう!

表紙
・ケトン体を味方にして痩せる、健康になる!
裏表紙
・糖質制限をしてみたけれど今一歩踏み出せない
・トライしてみたけれどリバウンドしてしまった……そんな炭水化物好きの皆さん、安心してください。
・糖質制限の伝道師で10年来の実践者の江部先生が、無理なく続けられる方法を伝授します!

序章 なぜ糖質制限は続かないのか?
・ダイエット効果抜群!でも、続かない……

第1章 糖質を『意識すれば』続けられる
・うどんはダメでも、そばならOK!?
・加工食品・飲料の落とし穴

第2章 実践!炭水化物好きの《もどき》糖質制限
・“ご飯もどき”で美味しく糖質制限
・“麺もどき”で美味しく糖質制限
・“パンもどき”で美味しく糖質制限

第3章 実践!炭水化物好きの《外食》糖質制限
・外食の糖質制限注意法ー和食・洋食・フレンチ・イタリアン・中華

第4章 実践!炭水化物好きの《3食》糖質制限
・糖質制限のパターン化ー朝食・昼食・夕食

第5章 実践!カロリー制限するから続かない
・カロリー制限はリバウンドするのがオチ

第6章 実践!自分にあった糖質制限法を選ぶ
・禁断の“ダブル糖質”

第7章 実践!糖質制限は最初厳しく、徐々にゆるやかに
・週一回の解禁日で自分にご褒美

第8章 実践!糖質制限の実践マニュアル
第9章 人工甘味料をうまく活用しよう(この部分は山本は理解できないが)
第10章 ご飯やパンと上手につき合う
第11章 ヘルシーなイメージの飲み物にダマされるな!
第12章 脂質は悪ではない(お肉の質・種類に問題があると山本は思う)
第20章 糖質制限の最新エビデンス(科学的根拠)
終章 ケトン体は糖質制限の強い味方

■上記は江部康二先生の書かれた内容で、山本がすべてを認められる内容ではないので、明日【結局、炭水化物を食べればやせる!】を書きますので、両方を必ず読みましょう!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,052日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【腸内フローラが身体と心を作っている!】
〜食べ物が腸内フローラを作っている〜

■一番最初に腸内細菌を頂くのは、産まれる時にお母さんから!

※子宮の中は無菌ですが、産まれる時に産道と産まれ出る瞬間に膣付近の菌が、赤ちゃんの最初の腸内細菌です!
※従って、お母さんが赤ちゃんを産む時に、【普通分娩】で産まないと、赤ちゃんの腸内細菌が違う腸内細菌になって、赤ちゃんの性格が変わります!
※コアラもパンダも離乳食は、お母さんの糞便で、コアラもパンダも腸内細菌を作り、コアラは毒の強いユーカリを、パンダは笹を食べられるようになります!

■産まれる瞬間から、3歳頃までの食べ物が子どもの腸内細菌を作るので、3歳頃までの食べ物で子どもの性格まで決まります!

■子どもの性格まで影響している腸内細菌が性格まで影響しているが、腸内細菌を入れ替えることも可能です!

※毎日の食べ物・飲み物からの様々な雑菌が腸内細菌を作り変えるので、食べ物で性格が変わります!

■食べ物が、腸内で一番先に腐敗する食べ物が、動物性食品(卵・お肉・乳製品)ですから、動物性食品は今日から減らしませんか?

※動物性食品が腸内で一番最初に腐敗するのは、動物性食品には食物繊維がゼロだからです!
※動物性食品は、日本人が数千年間食べたがないので、消化・吸収・分解する酵素が足りないので、一番最初に腐敗する!
※牛や豚・鶏の体温が39度から43度と高いので、私たちの体温は36度、油は固まりやすいのでは?
※動物性食品が大好きな人は、いつもウンチが臭くないですか?(食べ物が腸内で腐敗している証拠です)
※動物性食品が大好きな人は、キレやすい、怒りやすいのでは?

■従って、ウンチやガスが臭い人は、腸内細菌の悪玉菌が多い毎日だから当然ですがガンや認知症になります!
※写真の2枚目3枚目は吉野敏明医師の資料です。

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,051日目の遺言、球体健康法の創始者山本敏幸

■【食事は人生最大の自己投資!】
〜誰もが食べなければ生きられない〜

■私たちは誰もが毎日食べ物を食べて【生命・命】があります!

※1億2,000万人に一人は水も食べ物も一切食べない飲まないで生きている人がいるが………本当の例外です!
※1億2,000万人の中には、一日青汁一杯だけで生きている人がいるが………例外です!
※1億2,000万人の中には、玄米と水と塩だけで生きている人がいるが……相当数います!

■私たちは、一日3食か、一日2食か、一日一食は食べて生命・命を頂いています!

■生きるということは、食べること! 働くということは食べること! 家族を養うということは食べること!

■お金をもらい自分の為に!家族の為に!自由になる時間、自由に物が買える楽しさを味わうためには、健康が一番大切では?

■毎日が楽しくて、毎日が嬉しくて、毎日、仕事が楽しめるためには、健康は重要では?

■すべてに優先させることは、毎日毎食の【食べ物を選ぶ基準】では?

※日本人には日本人の食べ物がありませんか?
※日本人には日本人の腸内細菌にあった食べ物がありませんか?

■【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】は、お昼は腹八分であれば何を食べても良いが、晩ご飯だけは、明日の生命・命を作る食べ物としてご飯を中心に和食を頂きましょう!

※まさか、明日の生命・命を作りたいのに、ラーメン・パスタ・ピザ・パン・ウドンなどの小麦粉から作った食べ物を食べていませんね!(日本人が数千年間食べたことがありませんが、消化・吸収・分解する酵素が足りませんが…)

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,050日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【三日食べなきゃ病気の七割治る】
〜断食(水分断食も)の適応は〜

■犬や猫などのすべての動物は病気になったら食べません!

■風邪などすべての病気になったら断食や水分断食をお勧めします!

■断食や水分断食の適応は……

●風邪、下痢、過労、骨折は劇的に治る
●どんな炎症も断食で治る、水虫も完治
●断食で歯槽膿漏の腫れなどは治る
●断食は便秘に効果がある
●痔の炎症にも断食はいい効果がある。
●アレルギーは断食療法がもっとも効く
●気管支ぜんそくは断食療法がもっとも得意とする病気の一つ
●乾癬症は皮膚科ではどうにもならないが断食を繰り返すと治る
●生活習慣病はプチ断食でいやでも正常に戻る
●バセドー氏病とは甲状腺機能亢進症の人は断食を
●狭心症、動脈硬化、腎臓・肝臓病もきれいに回復していく
●腎臓病は三日断食七日断食でよくなる傾向にむかう
●肝臓病は断食が最高の治療
●断食療法で関節リウマチがよくなる
●うつ病も断食で治る
●潰瘍性大腸炎は断食が一番いい
●インスリン依存型患者も断食しては?
●断食こそ医者も見放す難病の特効薬
●長年の腰痛まで断食で治らぬものはない
●慢性疲労性症候群も断食をするとものの見事に改善!?

■断食は、医師の指導の元で、水分断食は空腹感を感じたら、豆乳や野菜ジュース・果物ジュース・味噌汁の汁だけ飲み、一切固形物を食べない方法で、【我慢・辛抱しない】で、一気に胃腸を休め、一気に体調を戻す方法です!

✳️私は定年後すぐに、現在のように出張もある中、水分断食を51日間実践しました!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,049日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【単品ダイエットは大変危険です!】
〜まさか、バナナダイエット、卵ダイエットをしていませんね〜

■世の中には、次々に単品ダイエットが流行りますが……

■日本人には日本人のダイエット方法がありませんか?

※日本人には日本人の腸内細菌にあったダイエット方法が基本では?
※ダイエットの基本は、筋肉を落とさないことが基本では?

■多くのダイエットは、筋肉を落とすダイエットが殆どでは?

※筋肉を落とすと、当然ですが血液は流れなくなり、当然ですがリンパの流れが流れなくなります!

■筋肉を落とす単品ダイエットをして、更に減塩するから、更に更に筋肉が動けないので、更に更に血液は流れなくなり、リンパの流れが流れなくなります!

■理想的なダイエットは、キレイな血液を作りながら、ダイエットする方法です!

※キレイな血液を作るには、単品では不可能では?
※キレイな血液を作るには、【46の必須栄養素】を含む食べ物を食べながら、脂肪を燃焼させることです!
※日本人には日本人のダイエット方法があるが、玄米を100回良く噛んで食べるとキレイな血液を作りながらダイエットが可能です!(おかずは、野菜・海藻・豆類が基本)

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1048日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【これからは『医者にかかったら負け』の時代】午堂登喜雄著
〜資産5億円を築いた私のお金が増える健康習慣〜

表紙
・億万長者が実践している医療費ゼロの健康術を初公開
・成功者は健康を手にしてますますお金と若さを手に入れる
・貧乏人は情報に踊らされてどんどんお金を失い不健康になる

第1章 あなたの最大の資産は健康である
・健康格差は経済格差
・健康を損なうといったいいくら損をするのか
・医者にかかったら【負け】である
・薬に依存することの怖さ
・医療保健に入るメリットはほとんどない

第2章 健康ビジネスにカモられて資産を減らさないために
・自分で調べたり考えないと、お金も健康も失ってしまう
・思考停止はお金を失い、健康寿命を縮める
・『思い込み』と『迷信』はカモへの道〜なぜ単品けんこう、単品ダイエットにハマる人が多いのか
・感情や願望ではなくロジックでとらえる

第3章 身体の再生機能を理論で納得する
・本来備わっている健康維持の仕組みが正しく働けば『医療費ゼロ』に
・実は、健康維持にお金はかからない
・健康は免疫力の強化から
・酵素の働きが鈍る低体温

第4章 ローコスト&ハイリターンな健康資産の増やし方
・食事は最も簡単で効果的な健康投資
・現代は添加物を食べる時代
・食べ過ぎの時代からの脱却
・消化にエネルギーを奪われる現代人
・あまりに正しい【病は気から】
・病気予防は栄養よりもメンタルの強化
・ストレスコントロールは怒りのコントロール

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,047日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【ガンを治す時は、感謝道の実践を!】
〜食事道・感謝道・実践道〜

■ガンを治すには……
①西洋医学で治す方法
②西洋医学➕代替医療で治す方法
③代替医療だけで治す方法(代替医療には様々な方法があります)

ガンを治すために、直ちに実践してほしいことは…

①食事療法……食べ物が血液を作り、60兆個の細胞を作り、ガン細胞を正常細胞に修復する!
②運動療法……下半身に柔らかな筋肉を作り、リンパの流れを良くすることがガン細胞を正常細胞を修復する基本です!
③精神・心の安定が優先します……身体は心に支配されている事実を知ることです!
④体温アップが優先します……ガン患者さんは低体温なので、一日99円健康法で一気に体温アップしてガン細胞を正常細胞に修復する!
⑤体内の有害物質、農薬、薬、化学薬品、食品添加物などを、解毒・排泄・排毒・デトックスすること(リンパの詰まりを流す)……有害物質・老廃物をデトックスするには①〜④の実践です!
⑥生きた水・発酵を促す水・酵素を活性化する水を飲むこと(ガイアの水135の活用)……ガン細胞を正常細胞に修復するには、死んだ水・腐敗する水・塩素が世界一入っている水では難しい!
⑦生命の源である【酵素】が必要で、一日4回食べ物から大量の酵素を摂取しましょう!……朝は国産果物、昼は生野菜、晩ご飯の時は、酵素が生きている生味噌をティースプーン一杯と、納豆や長芋、寝る1時間前に豆乳甘酒を100cc飲んで、大量の酵素と大量のミネラルを摂取してガン細胞を正常細胞に修復しましょう!
⑧酵素はミネラルがなければ動かないので、世界一ミネラルが多い【心と体にしみる塩】の活用です……5月末まで品切れです。
⑨一番大切なことは、精神・心の安定です!

【お天道様が見ている!
お天道様が聞いている!
お天道様が記憶している!】
ことを100%信じ切ることですね。
⑩毎朝、太陽が昇る5分前から太陽が昇ってからの5分間は、すべてに感謝すること!すべてにありがとうと感謝すること!

・目が覚めたことにありがとうございます!
・呼吸ができて酸素を頂けたことにありがとうございます!
・命を頂いたお父さんお母さんにありがとうございます!
・美味しい水を飲めたことにありがとうございます!
・食べ物を食べられることにありがとうございます!
・目がみえることにありがとうございます!
・歩けることにありがとうございます!
・目が覚めてから寝るまでのすべてに『感謝すること』しかないことがわかりますね!

※ガンにありがとうございます!
✳️ガンは【生き方を変えなさい】という教えだった!
24時間、感謝します!ありがとうございます!と思い続けることがガン治しの原点です!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,046日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【薬があなたの体をダメにする】大櫛陽一著 拡散希望!
〜コレステロール・血圧・血糖値 下げるな危険!!〜

表紙
・低下薬、降圧剤は飲まないほうが長生きできる!
・コレステロール値と心筋梗塞は無関係
・血管は【血圧185】までは破れない!
・60代で【血圧150】でも問題なし!

表紙裏
・70万人の健診調査で判明した薬漬け医療のからくり

プロローグ
・日本の『従来の健康基準』は世界基準と比べてもヘンだった!?
・健康な人が『病氣』にされてしまうカラクリ

第1章 コレステロールに薬はいらない!
・コレステロールは高いほうが長生きできる
・LDLコレステロール値は高いほうが長生きする
・知っておくべきコレステロール低下薬の『重大な副作用』

第2章 中性脂肪も薬で下げるな!
・脂肪の多い食事を摂っても太らない
・太る原因は『炭水化物の摂り過ぎ』だった!
・中性脂肪値は『1000』までは薬を飲まなくても大丈夫!?
・トランス脂肪酸を含むマーガリンやショートニングは危険!

第3章 血糖値も薬で下げるな!
・脂質の摂り過ぎが体をダメにする
・炭水化物は『必須栄養素』ではなかった!
・糖尿病になるかならないかは、炭水化物の摂取量で決まる!
・人類の歴史の大部分は『糖質ゼロ食』だった

第4章 血圧147で薬を飲んではいけない!
・薬で無理に下げると死亡率が上がる!

第5章 【メタボ検診】は信じちゃいけない!
・健康な人が『病人』にされないためのポイント

※是非とも!是非とも読んでほしい本の一冊です!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,045日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【逃げられない食べ物で超元氣な人生を!】拡散希望!
〜牛・豚・鶏は逃げられる〜

■牛・豚・鶏は逃げられる動物ですが……捕まえてきて殺して食べるが!

※牛・豚・鶏を減らしませんか?
※牛・豚・鶏を育てる時のエサに大量の抗生物質を入れていませんか?(日本人が年間飲んでいる抗生物質と同じ量をエサに入れている)
※牛・豚・鶏を育てる時のエサに大量のホルモン剤を入れていませんか?(硬い肉は買ってくれないのでホルモン剤を入れて柔らかな肉にしている)
※牛・豚・鶏を育てる時のエサに大量の成長促進剤を入れていませんか?(少しでも早く成長させて、早く出荷したい)
※牛・豚・鶏を育てる時のエサに大量の遺伝子組換えしたトウモロコシを食べさせていませんか?
※牛・豚・鶏を食べる度に、大量の抗生物質・ホルモン剤・成長促進剤・トウモロコシが濃縮されて入っているお肉を食べている!
※ホルモン剤が大量に入ってくると、女の子の成長が早くなって、生理が早くなって、当然ですが、寿命も短くまります!
※有害物質は、脂肪の部分や、腎臓・肝臓などの内臓に蓄積されている!

■野菜や果物は、土の中で根をはやして生きているので、逃げられないので、他の生物を生かすために生きている!

【1ヶ月で血液をキレイにする健康法】の解説1,044日目の遺言 球体健康法の創始者山本敏幸

■【水分断食(51日間実践)が球体健康法の基本です!】
〜食べ過ぎたら水分断食でコントロールを〜

■誰もが、ご馳走をお腹一杯頂くことがありますが、食べ過ぎたら、次の日は夕方まで【水分断食】で体調管理をしましょう!(夕方には食べるので24時間固形物を食べない健康法)

■水分断食とは……固形物を一切食べない健康法で、お腹が空いたら、どんな水分でも良いので、【我慢・辛抱しない】で、野菜ジュース・果物ジュース・豆乳・パンプキンスープなどの固形物が入らないすべての水分を飲みましょう!

※例えば、アルコールも水分ですから、大丈夫です!

■私自身、7年前に水分断食を実践しましたが、現在のように毎日多くの人にお会いし続けていたが、一切固形物を食べない【水分断食を51日間実践】しました!

※定年までの30年間は、玄米酵素を食べていましたので、玄米酵素の粉末を丸ごと大豆100%の粉末に混ぜて一日中飲んでいました!
※お腹が空いたら、直ぐに野菜ジュースや果物ジュースを飲むので、殆ど我慢・辛抱した記憶はありません!
※玄米と大豆を米麹で発酵させた玄米酵素には、46の必須栄養素の内、45種類入っていて、酵素が生きている優れものを活用させて頂きました!

■51日間の水分断食で、体重が4.5Kg減、体脂肪が4%減、心身ともに絶好調の毎日でした!

■食べ過ぎたら、水分断食をして、一気に胃腸を休めて、一気に有害物質や老廃物をデトックスしましょう!